人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

病院で受ける人間ドックの検査項目の違い

人間ドックは健康診断のようなものですが、健康診断とは違って任意で検査を受けることになりますし、専門性の高い検査も含まれています。自分が気になる個所を集中的に見てもらうということもありますので、病院でできる人間ドックといっても、検査項目は専門分野や設置している設備によってかなり異なってきます。
とはいえ、病院でも共通して行われている検査項目もあります。血液検査や尿検査、身長・体重測定、胸部X線などは大体どこの病院でも行い、あとは自分が気になっている個所や年齢に応じて推奨されている項目の検査を追加で受けることになります。たとえば、ある程度の年齢になると、消化器系への負担が大きくなっていることもあり、胃カメラや内視鏡なども行います。がんや脳梗塞などの重篤な病気の危険を考えなければならない年代になると、今度はMRIやCT、PET検査なども行います。このとき、全身の検査を病院で行うこともありますし、脳や消化器など一部の箇所に限定して集中的に検査をする場合もあります。
従って、人間ドックを受けるときには、自分がどういったスタンスで検査を受けたいかということをあらかじめ決めておくのもよいでしょう。たとえば、胃腸の調子が最近よくないという場合には、内科や消化器系の診療科で検査を受けると、比較的いろいろな病気を見つけやすくなっています。また、時間がかかってもいろいろな検査を受けたいという場合には、総合病院などの規模の大きいところで検査を受けたほうが、設備も整っていますし全身の疾患を見つけやすくなっています。反面、利用者が多いこともあって時間がかかったり、検査項目が多すぎて費用が高額になるようなこともありますので、何回かに一回というペースで丁寧な検査を受けるのもよいでしょう。健康診断と違い、自己負担で受ける人間ドックですが、それだけに自分に合った検査を選ぶことができます。よく考えて利用しましょう。

医療施設を探そう

人間ドックが受診できる医療施設を探しましょう。予約数が多い施設から探す「予約数順から探す」、
エリアから探す「都道府県で医療施設を探す」「プランを詳細検索する」の3つの切り口から探すことが出来ます。

人間ドックの医療施設を都道府県から探す
マーソは厚生労働省、がん対策推進 企業アクションに参画しています。がん検診受診の大切さを呼びかけることにより、受診率50%以上をめざします。
中文电话对应窗口
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示