ゆうあいクリニック
予約システム

ゆうあいクリニック
予約システム
ゲスト

STEP1 予約内容入力

予約内容入力 予約プランの確認

プラン名 申し込み内容入力

プラン名 ◆スタンダード脳プラスコース◆
受診日 2022年12月01日(木)

第二、第三希望日がある場合は入力してください

第二希望日 日付選択

第三希望日 日付選択

2022年11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
2022年12月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2023年01月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

  次の3ヵ月へ
〇:空き有り △:残りわずか
2023年02月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

前の3ヵ月へ  
〇:空き有り △:残りわずか

お申込み内容を入力し、「次へ進む」ボタンをクリックしてください。

オプション オプション

ご希望のオプションをお選びください。
希望されるオプションがない方はそのまま次へお進みください。

乳房専用PET検査
乳房内の細胞の様子を画像化し、乳房のがんの有無を調べます。
原理は全身PETと同様ですが、乳房専用PET検査では乳房のみのFDGの集まりを画像化します。このため全身PETではわからない小さな病変も検出することができます。マンモグラフィ検査や乳房超音波検査では見つけにくい病変、診断が難しい病変も発見できる場合があります。
検査はうつ伏せの状態で、両側の乳房を片方ずつ検出器ホールの中に入れ、圧迫をせずに行います。検査は女性技師が担当します。

【注意事項】
・3か月以内に胸の手術(豊胸・乳房)をなさった方は、画像への影響がありますので3か月経過してからのご受診をおすすめします。
・現在授乳中の方は、画像への影響がありますので断乳後3か月経過してからのご受診をおすすめします
  •  (44,000円)
マンモグラフィ検査
乳房専用のX線検査です。上下(CC)と斜め方向(MLO)の2方向を撮影します。
マンモグラフィ検査は、乳がんの初期症状である微細な石灰化などを検出できるため、早期発見に有効です。
遺伝性乳がんの可能性が高い方、40歳以上の方におすすめします。
検査は女性技師が担当いたします。

【注意事項<マンモグラフィ検査オプションをご受診できない方>】
・妊娠中またはその疑いのある方、授乳中(断乳後6か月未満)の方
・心臓ペースメーカー、埋込み型除細動器(ICD)を挿入されている方
・胸部にリザーバー(ポート)、シャントカテーテルを挿入されている方
・豊胸術(ヒアルロン酸注入や脂肪注入など)・乳房インプラント(シリコンバッグや生食バッグなど)、乳房全摘術・再建術をされている方
  •  (8,800円)
肝がんリスク血液検査(4項目)
肝臓の線維化がすすむと、肝硬変、肝臓がんのリスクが高くなりますが、通常の画像検査や血液検査で、肝臓の線維化の早期発見は困難です。
脂肪肝、糖尿病、メタボリック症候群、飲酒量が多いなど肝臓の線維化が起こるリスクが高い方に、おすすめする検査です。
過去にC型肝炎やB型肝炎にかかり現在は医療機関での診療をお受けになっていない方にもおすすめします。
(一部の疾患の方のみ保険診療の適応となり、脂肪肝、糖尿病や肝障害のみでは保険診療の適用になりません。)
  •  (8,800円)
腫瘍マーカー(消化器5項目)
膵がん、胃がん、大腸がんなど、消化器のがんの発見に役立つ、5種類の腫瘍マーカーをセットしました。
  •  (8,800円)
腫瘍マーカー(女性6項目)
乳がん、子宮がん、卵巣がんなど、女性のがんに特化した6種類の腫瘍マーカーをプラスできます。
  •  (8,800円)
腫瘍マーカー(肺4項目)
肺がんの発見に有用な腫瘍マーカーを4種類追加いただけます。
  •  (8,800円)
抗p53抗体検査
食道がん、大腸がん、乳がんなどをはじめ多くのがんに対応する新しいタイプの腫瘍マーカーです。抗p53抗体は、2007年に新規承認された新しいタイプの腫瘍マーカーです。がん抑制遺伝子のp53の変異をとらえ、今までの腫瘍マーカー検査と比べて、早期がんの陽性率が高いのが特徴です。
  •  (4,400円)
アレルギー検査
●吸入系●
【ヤケヒョウヒダニ・スギ・カモガヤ・ブタクサ・カビマルチ・動物上皮マルチ・ハウスダスト】
アレルギー性鼻炎、気管支喘息などの原因になる物質をチェックします。0が陰性です。1~5で表示され、数字が大きいほど、血液成分のアレルギー反応の程度が強いことを意味しますが、必ずしも症状の出具合とは一致しません。

●食物系●
【卵白・ミルク・小麦・ソバ・ピーナッツ・エビ・カニ】
食物アレルギーのチェックをします。0が陰性です。1~5で表示され、数字が大きいほど、血液成分のアレルギー反応の程度が強いことを意味します。陽性であっても、症状が出ないこともあり、食事制限の判断は医師の指示を仰ぎましょう。
  •  (8,800円)
  •  (8,800円)
ウイルス感染症抗体検査
麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、ムンプス(おたふくかぜ)、水ぼうそうはかかると病状が重くなりやすく、治っても強い後遺症が残ることもしばしばあり、他の方への感染力も大変強いウイルス感染症です。これらの抗体価を測定し、抵抗力があるかどうかを調べます。過去にかかったかはっきりわからない、昔ワクチン接種をしたが今免疫力が維持されているだろうか?そのような方に強くおすすめする検査です。
  •  (4,400円)
HIV抗原・抗体検査
HIVウイルス(ヒト免疫不全ウイルス:通称エイズウイルス)の1型、2型に現在感染しているかどうかをみます。
感染していても、感染機会後28日は陽性になりません(ウインドウ期、ウインドウピリオドといいます。)感染機会後28日未満でこの検査をして陰性であっても感染していないとは断定できません。検査の時期に注意が必要です。状況によっては再検査が必要になることがあります。
  •  (4,400円)
リウマチ・膠原病検査
関節リウマチなど、膠原病全般の診断に役立ちます。膠原病は細胞同士をつなぐ結合組織に炎症が生じる病気の総称で、関節リウマチがその代表例です。リウマチは高齢者の病気と思われがちですが、発症ピークは30~50歳代と若く、1対4で女性に多い病気です。このオプションでは、血液検査を通してリウマチ・膠原病をチェックします。
  •  (8,800円)
内臓脂肪測定
生活習慣病の原因となる内臓脂肪の量を測定します。メタボリックシンドロームは、腹囲が一定基準値以上かつ高血圧・高血糖・高脂血症のうち2つ以上を合わせ持った状態を指し、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の発症リスクが高まるといわれています。この検査では、CTによる内臓脂肪と皮下脂肪の測定を行い、メタボリックシンドロームの兆候について診断します。
  •  (4,400円)
子宮頸部細胞診
若い女性に増えている子宮頸がんを詳しく調べます。専用ブラシを使って子宮頸部を採取し、液状処理法で検査をします。液状処理法はスライドガラスに塗布する従来の方法に比べ、より多くの細胞が採取でき、細胞も壊れにくく、顕微鏡で観察しやすいメリットがあります。膣鏡(クスコ)はディスポーザブル(1回のみ使用)です。

【注意事項】
・月経中の方や1か月以内に同じ検査をされた方は受診できません。
・性交渉の経験のない方は、子宮頸がんの可能性が低く、検査も困難のため、受診できません。
・子宮の手術を経験された方は事前にご相談ください。

●ハイリスクHPV診断●
子宮頸部細胞診と併用して行う検査です。子宮頸がんの原因ウイルスであるハイリスクHPVのDNAがあるかどうかを調べる検査です。子宮頸部細胞診検査と併用することで、異形成の発見がほぼ100%になります。発がんに強く関係する16型、18型のHPVの感染の有無もわかります。子宮頸がん細胞は、原因となるHPVの完成から5~10年かかって増殖するといわれています。細胞診で異常がなく、ハイリスクHPVに現在感染していないことがわかれば、子宮頸部がんのリスクは数年にわたりほとんどないと考えられ、検診間隔を延長することが可能です。検査の特性上、子宮頸部細胞診を受診しない方は、本オプションを追加できません。なお、ハイリスクHPV診断をお申込みの場合は、子宮頸部細胞診と併せてお申込みいただけるよう、以下のとおりオプション名を[子宮頸部細胞診+ハイリスクHPV診断]、料金を12,960円(=子宮頸部細胞診4,400円+ハイリスクHPV診断8,800円)と表示しています。
  •  (4,400円)
  •  (13,200円)
骨量検査
自覚症状なく進行する骨の衰えを超音波検査で素早く調べます。超音波診断装置を使用し、骨量を調べることで、骨粗しょう症の兆候や骨折の危険性などをチェックするオプションです。
  •  (4,400円)
眼底・眼圧・視野検査
眼の病気も、がん同様、初期段階では自覚症状が出にくいものが多いです。成人の失明の上位は緑内障、網膜色素変性、黄斑変性、糖尿病性網膜症です。初期には自覚症状はなく、検診で早期発見・早期対応が大切です。40歳以上の20人に1人は緑内障といわれており、40歳以上の方には毎年受けていただきたい検査です。眼底写真検査は、脳腫瘍などの発見の機会になることもあります。
【注意事項】
・眼科通院中の方は受診の必要はありません。糖尿病の方は検診でなく、眼科専門医の診断をお受けください。
・コンタクトレンズを使用されている方は、検査前に外していただきます。
交換が必要な方は、ご受診時に交換用のコンタクトレンズをお持ちくださ
い。
  •  (8,800円)
後日カウンセリング
実際の検査画像と数値から、医師が健康状態を丁寧に説明します。後日、すべての検査結果が出揃った段階で、医師による面談を行います。ご自身の検査画像と検査数値を見ていただきながら、疾患の有無はもちろん、日常生活において注意しなくてはならない点などをご説明します。所要時間は30分です。

※本オプションは、すべての検査結果がお手元に届いた後にご自身でカウンセリング希望日を、お電話でご予約いただく必要がございます。なお、検査受診後6か月以上経過すると正確なカウンセリングが出来ない可能性があるため、6か月以内のカウンセリングをおすすめいたします。検査受診後、6か月を経過してもなおカウンセリングのご予約がなかった場合、本オプションを有料で申し込まれた方に限り、1年間ご利用いただけるアップグレードチケットに振替させていただきます。
  •  (8,800円)
受診結果DISK
検査画像をパソコンで閲覧・管理できます。 検査画像(DICOM画像)を収録いたします。主治医の先生との連携や、ご自身の健康管理に役立つほか、万一疾病が疑われた際の医療情報としてもご利用いただけます。
  •  (4,400円)
サービス
検査受診後にお弁当をご用意しています。追加料金はございません。
  • お弁当 (0円)

料金 料金

基本料金

198,000円(税込)

オプション

合計金額

郵便番号入力後、「住所検索」をクリックしてください。
ページトップへ
© MRSO Inc. ALL RIGHTS RESERVED.