MRSO Gift

  • ABOUT マーソギフト券について
  • LINE UP ラインナップ
  • SPECIAL こんなシーンの贈り物に

Happy Mothers Day 2016

5月8日は母の日。いつも見守ってくれているお母さんに、何をプレゼントしますか?

小さいときから一緒に過ごしてきた “お母さん”。
お母さんと一緒に作ってきた出来事は、たくさんありますよね。

……でもじつはお母さんしか覚えていない思い出がある、ということを知っていますか?

夜泣きでほとんど眠れなかったこと。
自分の子育てについて考えこんでしまったこと。
言うつもりのなかった一言を言ってしまってあとで後悔したこと。

わたしたちが生まれてから大きくなるまで一緒にいたのにもかかわらず、わたしたちはそれらをちっとも覚えていません。

でも、そんな思い出のことを「わたしが覚えていればそれでいいのよ」と微笑むお母さんたち。そのうえ「それが“お母さん”だから」と言う人も。

それでは少し、お母さんだけの思い出を伺ってみましょう。あなたのお母さんに通じるところがあるかもしれません。


「幼いころは辛いことのほうが多かった」

「“お母さん”になるのは、時間がかかりました」と語るのは古性さん。
古性さんの持つ、「子どもは知らない思い出」を語ってもらいました。

——子どもが好きで、生まれてくるのもすごく楽しみだったんですけど、でも生まれたからって急に“お母さん”にはなれなかったんです。私の場合は、子どもが大きくなるにつれて一緒に“お母さん”になっていった感じでした。

娘はものすごく夜泣きのひどい子で。夜は必ず顔を真っ赤にして泣くので、旦那と交代で寝ながらあやしていました。だから、幼稚園に入るくらいまではずっと旦那も私もずっと寝不足だったんです。

親は泣き声で子どもが求めていることがわかるなんて言われていたけれど、全然わからないんですよ。「わかんないのは私だけなの?」と思ったときもあって、ダメだとわかっていながら思わず「うるさい!」と怒鳴ってしまったこともありました。もちろん可愛いんですけど、ストレスもたまってたんでしょうね。

みんなに協力してもらってなんとかやってましたが、娘が幼いころは正直ちょっと苦しいことが多かったんです。

じつは出産を機にわたしは病気になってしまって。「安静にするように」と言われていたんですけど、娘は、夜は泣くし昼はなにがなんでも外で遊びたいと言うし、休まるときがなかったんです。

応えてあげたい気持ちは山々ですが、「お母さん、具合が悪くて今日は動けないの」と言っても、小学校にあがるくらいまでは「やだ、絶対外に行きたい!」とギャーギャー騒ぐし、「ごめんね」という気持ちと同時に「どうしてわかってくれないんだろう」とも思ってました。

大きくなったころには私の病気も治ったので、あの子はそもそも病気だったことすら忘れているだろうなと思います(笑)。むしろ病気が治ってからは、もともとの趣味だったテニスや仕事もしていたので、娘は「家にあまりいない元気すぎるお母さんだ」と思ってるかもしれないですね。

とにかく自分の頭で考えたい子どもで、「はい」と素直に聞くような子じゃなかったんです。ずっと軽い反抗期みたいでした。

「どうしてこんなに言うことを聞いてくれないんだろう?」と思ったこともあったんですけど、もうしょうがないな、って。

私も母に反抗してた時期もあるので、親はこういう風に思ってたんだなぁと今は思いますね。わたし自身が親になってようやくわかることばかりです。
わたしの親は早くに亡くなってしまったので……、もっと伝えればよかったとか、そういうことはたまに思いますね。

反抗が多かった娘ですが、「お母さんがああ言ったからこうしたのに」と言われるのだけは嫌で、娘の選択はずっと見守っていました。「その選択は変じゃない?」と思うときも、できるだけ言わずに。

やっぱり自分の娘とはいえ“違う人間”だから、わからないんですよ。でも、わからないなりに応援したいとは思っています。たとえ失敗しても、自分できちんとなんとかするだろうって、そう思っています。

幼いころの旅行を娘はほとんど覚えていないみたいなんですが、でもいくつかだけは「あれは楽しかった」って今でも言ってくれるんですよ。

それを聞くと、わたしもすっごく嬉しくなって。あの子が楽しんでいてくれる様子をみていて、そしてそれを大人になっても覚えていてくれると、なんだかすごく嬉しいんですよね。

小さい頃のことはもう覚えてないだろうけど、この先そういう楽しい思い出を一緒につくっていきたいとは思っています。もう今からならきっと覚えていてくれるだろうし。

娘と二人で旅行に行くとか、そんなことができたらいいなぁとも少し思います。一緒に行ったら喧嘩になっちゃうかもしれないけど(笑)、でも夢ですね。


「笑顔で見送ったあと、号泣したこともあった」

「あんまり普通のお母さんじゃなかったかもしれない」とお話をはじめたのは木村さん。
木村さんの持つ、「子どもは知らない思い出」を語ってもらいました。

——予定日の間近まで本当に仕事漬けで、あまり実感もないまま過ごしていたんですよね。でも、予定日直前にいざ産休に入ると、急に実感が湧いてきて。だんだんと不安になってきたんですよね。

「お腹は大きいけど、私が本当にお母さんになれるのかな」って。

そこから育児書を慌てて買って勉強して、そうしたらだんだんとドキドキしはじめて。周りのお母さんをみるたびに「すごいなぁ。本当にあんな風になれるのかな?」と思っていたことを覚えています。

いざ子どもが生まれてからは、嬉しかったのと同時に「どうしよう、どうしよう」の連続でした。仕事を頑張ってきていたのと同じように、子育ても頑張らないといけないと思いすぎていたのかもしれないです。少し育児ノイローゼになって「ミルクもあげた、おむつも替えた、なのになんで泣くの?」って、泣きそうになることが多々ありました。

初めての子育てでドキドキしていて、なりふりかまわずという感じでした。自分がだらしない服装になっていることすらもう気づかないくらい。子どものことばかり見ていて、とにかく一生懸命だったんです。

きっと頑張り過ぎていたところもあったと思います。今になって思えば、もう少し力を抜いて楽しめば良かったなと思うことも多くて。

でも最初の子供で、わたしも初めてお母さんになったわけだし……。うまくいかないことの方が多かったかもしれないですね。

職場には上の子が1歳になる前に復帰しました。
近くに住む両親に預けて仕事に出かけていたんですが……、でもやっぱり後ろめたさがあったんです。上手にやれる人もいるんでしょうけど、わたしはなんとなく子どもが気がかりになってしまって。

夜遅くに迎えに行った日、帰り道にベビーカーを押して子どものために歌を歌いながら、こっそり泣いたこともありました。

そういう時間を1年くらい続けて、やっぱりもっと一緒にいよう、と決めて仕事を辞めました。わたしにとっては、それが良かったんだと思います。

仕事ばかりだった自分の人生はそこからいろいろと変わったけれど、そこから子供と一緒にいれたのは本当に楽しかったですね。

その後下の子が生まれたんですけど、下の子はすぐギャーッと泣いちゃうような子で……毎日爆弾を抱えてるような気分でした。

幼稚園に向かうバスに乗せるのも一苦労で。でも、なんとか乗せて、バスが発車して……。笑顔で手を振って見送ったんですけど、バスが見えなくなったところで号泣しちゃったんですよね。手がかかる子だったぶん、いつまでも小さい子だとおもっていたから、離れると寂しくなってしまって。
ああ大きくなってしまうんだ、という感慨と寂しさが入りまじって胸がぎゅっとつぶれるような気持ちにもなっていました。

でも、子どももだんだん大きくなって、そういう胸がぎゅっとなる感覚も増えて……、さみしくても、徐々に慣れていくしかないんですよね。

とにかく手のかかる下の子でしたが、大きくなってからわたしが病気したからか、急にしっかりするようになりました。気を使ってくれたり、急に勉強をがんばりはじめたり。

こっちが小さい子扱いしてたところがあったのかもしれないです。それに……、いつまでも小さくてもいいのにって思っていたところもあるんです。

正直、大きくなってしまうのは寂しいです。でも、「自立するまで」を支えることが母親の役目なので……、子どもが成人した今、あとは子どもたちにも好きに生きて欲しいなと、それだけを思っています。


あなたのお母さんもきっと同じ

あなたのお母さんは、どんな人でしたか?

心配性だった。仕事ばかりだった。厳しかった。優しかった……。きっとそれぞれに思い出があるはずです。

でも、どんなお母さんにも「お母さんだけの思い出」があるものです。そしてその時間こそが、あなたを作ってくれたもの。「支えるのが役割だから」と笑うお母さんたちに、わたしたちは何ができるでしょうか。

私たちよりも長く生きてきて、私たちよりもたくさんの苦労をしてきたお母さん。いまは元気に見えていても、体は少しずつ変化をしているはずです。

いままで母の日に、どんなものをプレゼントしてきましたか? カーネーション、食べ物、旅行。いずれも素敵なものだと思います。ですが、今年の母の日は、これからも一緒に過ごすための「時間」、つまり「健康」をプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

時間を戻すことはできませんが、これからの思い出だけでもお母さんと一緒につくることができるように。
お母さんに、とびきりの感謝を込めて。

LINE UP ラインナップ

おすすめパックから購入

女性におすすめパック

  • 乳がん検査パック
    乳がん検査パック
    ¥10,000(税込)

    乳がんは12人に1人はなると言われており、女性のなりやすいがん第1位です。しかし、早期に発見して治療を受ければ、高い確率で治すことができるがんです。乳がん検査パックはマンモグラフィーや乳腺エコー検査を受診していただけるパックです。

    パッケージ内容|
    マーソギフト券10,000円×1枚
  • 子宮がん検査パック
    子宮がん検査パック
    ¥15,000(税込)

    子宮がんの中でも「子宮頸がん」は20代~30代半ばにかけて急増する病気です。自覚症状がほとんどないので、定期的に検査を受けられる事をおすすめします。また、「子宮体がん」は40代後半増加します。子宮がん検査パックは子宮頸部細胞診や血液検査を受診していただけるパックです。

    パッケージ内容|
    マーソギフト券10,000円×1、5,000円×1
  • 婦人科検診パック
    婦人科検診パック(乳がん+子宮がん)
    ¥25,000(税込)

    女性特有のがん(乳がん、子宮がん)の検診を受診できる婦人科検診パック。育児や家事、仕事などで忙しい女性は、ついつい検査に行くのが後回しにしがちです。しかし、これらのがんは早期発見させすれば予後が良い可能性が高い病気なのです。ここ1年検診を受けていない方には是非受診していただきたいですね。

    パッケージ内容|
    マーソギフト券10,000円×2、5,000円×1

スタンダードパック

  • 脳ドックパック
    脳ドックパック
    ¥35,000(税込)

    一般的な脳MRI・MRAを受診できるパックです。脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は、日本人の死亡原因第3位です。脳卒中は発症してからの治療では遅く、生命を一瞬にして奪ったり、重い後遺症をもたらすことも少なくありません。脳の病気は未然に防ぐことが重要な病気なのです。40歳を過ぎた方には是非受診していただきたいパックです。

    パッケージ内容|
    マーソギフト券10,000円×3、5,000円×1
  • 人間ドックパック
    人間ドックパック
    ¥65,000(税込)

    一般的な人間ドックを受診できるパックです。(基本検査/血液検査/胸部X線/胃バリウム or 胃カメラ/女性の方は乳がん検査も)但し、医療施設によって若干検査内容が異なりますので、内容をチェックしましょう。健康診断は検査項目が限られていますので、30代以上の方には人間ドックの受診をおすすめします。

    パッケージ内容|
    マーソギフト券50,000円×1、10,000円×1、5,000円×1
  • 人間ドック&脳ドックパック
    人間ドック&脳ドックパック
    ¥100,000(税込)

    一般的な人間ドックと脳ドックを同時に受診できるパックです。特に40代以上で一度も人間ドック、脳ドックを受診されたことがないお母さんは意外と多いのでは。自覚症状のない病気も多いので、「元気だから大丈夫!」という方にこそおすすめしたいパックです。

    パッケージ内容|
    マーソギフト券50,000円×2

プレミアムパック

  • 全身がん検査パック
    全身がん検査パック
    ¥120,000(税込)

    一般的なPET検査を受診できるパックです。PET検査は全身のがんを一度の検査でチェックできるため、身体の負担を少ない人気の検査です。今まで発見できなかった小さながんも見つけることができます。但し、PET検査の不得意な部位(胃・食道、泌尿器系)もあるので、心配な方は他の検査と併用すると良いです。

    パッケージ内容|
    マーソギフト券50,000円×2、10,000円×2
  • 全身がん検査&脳ドックパック
    全身がん検査&脳ドックパック
    ¥155,000(税込)

    がんだけでなく、脳疾患も心配という方にはPET検査と脳ドックが一度にできるパックがおすすめです。

    パッケージ内容|
    マーソギフト券50,000円×3、5,000円×1

好きな枚数を選んで購入する

マーソギフト券は5,000円、10,000円、50,000円をご希望の枚数ずつ選んでご購入いただけます。

ご購入はこちら

注意事項

  • ・マーソギフト券は人間ドック・健診予約サイト「マーソ」に掲載されている検査プランをご予約する場合のみご利用が可能です。直接、医療施設の窓口でのお支払にはご利用はできませんのでご注意ください。
  • ・マーソギフト券のご利用は事前にマーソ(www.mrso.jp)でのご予約が必要です。予約時に「ギフトナンバー」入力欄に表面のシリアルコードを入力して下さい。
  • ・マーソギフト券を使用したご予約後に自動でギフト券利用に関するメールが配信されます。
  • ・受診金額からマーソギフト券分を差し引いた金額のお支払いは、マーソでクレジットカード決済またはマーソギフト券の追加購入をいただきお支払いいただけます。
  • ・当日の診断等で保険治療に切り替わった場合、マーソギフト券をご利用できない場合がございます。
  • ・マーソギフト券を利用した予約の場合、Tポイントは付与されません。
  • ・マーソギフト券は現金又は他の商品券と引換えることはできません。また、ギフト券の払戻はできません。
  • ・マーソギフト券の有効期間は発行日より180日です。有効期限を過ぎるとご利用できません。
  • ・マーソギフト券に対し盗難・紛失・滅失等が起きた場合、また記載された有効期限が経過し使用できない場合の不利益については一切の責任を負いません。
  • ・マーソギフト券で額面未満の人間ドック・各種健診をご予約する際はお釣りをお出しすることができません。
  • ・ご予約をした検査当日にマーソギフト券をお持ちいただくする必要はございません。
  • ・マーソギフト券の仕様は、予告なしに変更になる場合があります。予めご了承下さい。
スマートフォン向けサイトに切り替える
お支払い方法
クレジットカード(VISA,MasterCard)・銀行振込

クレジットカード(VISA,MasterCard)・銀行振込でお支払いいただけます。尚、銀行振込の手数料はお客さま実費ご負担となります。

お問い合わせ
0570050109

マーソギフト券サポートセンター
平日9:00~18:00(土日祝休)
メールでのお問い合わせはこちらよりお問い合わせください。

お届けについて

送料は全国一律380円(税込)。日付指定も可能です。
ギフト券の到着日は購入日の7日後から1ヶ月先までご指定いただけます。
領収書発行をご希望の方は下記マーソサポートセンターまでご連絡ください。

注意事項

マーソギフト券は、人間ドック・健診の予約サイト マーソ(www.mrso.jp)でのみご利用できます。(直接病院・クリニックではご利用できません)/ ※『マーソ』に掲載している施設の中でも一部医療施設でご利用できないところがございます。/ ご不明点はマーソギフト券サポートセンター ( 0570-050-109 )にお問い合わせください。/ギフト券の有効期間は発行日より180日です。有効期限を過ぎるとご利用できません。/マーソギフト券は1枚を複数の予約に分けてご利用いただくことはできません。

詳しくはこちら「ギフト券の使い方