人間ドックのマーソ

Tポイント最大5%貯まる!使える!

メニューを閉じる

人間ドック受診医療施設・プランを探す

腫瘍マーカー検査について


「腫瘍マーカー」とは、各種がんのスクリーニング(ふるいわけ)として行われる検査で、人間ドックの項目に含まれていることも多い検査です。また、標準項目に含まれていなくても、ほとんどの人間ドック実施医療機関でオプション追加が可能な検査です。

体内のどこかに腫瘍があると、血液中に、特別なタンパク質やホルモン、酵素などの物質が増加します。
採血した血液に対してマーカーを投与してスクリーニングを行います。現在使われている腫瘍マーカーにはたくさんの種類がありますが、その中でも特によく使われるものは以下の6つです。その特別な物質を検査するのが「腫瘍マーカー」です。「腫瘍マーカー」の検査方法は、採血を行うだけです。

・PSA:前立腺がんの腫瘍マーカーです。

・CA125:卵巣がんの腫瘍マーカーです。

・CEA:大腸や胃、肝臓など、主に消化器にできるがんの腫瘍マーカーです。

・CA19−9:膵臓や胆のうなど、主に消化器にできるがんの腫瘍マーカーです。上記CEAと併せて測定するとより効果的です。

・CYFRA:肺がんの腫瘍マーカーです。

・AFP(α-フェトプロテイン):主に肝臓がんの腫瘍マーカーです。

とはいえ、腫瘍マーカーはあくまでスクリーニングの検査です。基準値を超えていたからといって必ずしも「がん」に罹っているというわけではありません。さらに早期のがんが体内に存在していても、基準値を超えない場合もあります。

ですので、ここ数年がん検診を受けていない方やがん検診を受診したことがない方は、その他超音波検査や放射線検査との併用が好ましいでしょう。


医療施設を探そう

人間ドックが受診できる医療施設を探しましょう。予約数が多い施設から探す「予約数順から探す」、
エリアから探す「都道府県で医療施設を探す」「プランを詳細検索する」の3つの切り口から探すことが出来ます。

人間ドックの医療施設を都道府県から探す
マーソは厚生労働省、がん対策推進 企業アクションに参画しています。がん検診受診の大切さを呼びかけることにより、受診率50%以上をめざします。
中文电话对应窗口
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示