人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

この検査は何のための検査?

特定保健指導/栄養指導/運動指導

特定保健指導/栄養指導/運動指導とは?

<特定保健指導>

特定保健指導とは、特定健診をもとに行われる、生活習慣病に対する指導です。特定健診は、40歳〜74歳までの被保険者・被扶養者を対象にして実施されます。特定健診で身長や体重・血圧などを検査し、メタボリックシンドロームと判断された場合に、特定保健指導が行われます。

特定健診では、糖尿病・脂質異常症などの発症リスクを判定しています。特定保健指導の実施基準になるのは「腹囲」です。男性であれば85cm以上・女性であれば90cm以上で特定保健指導の対象になります。ほかにも血糖値やBMIに異常があると対象になります。

特定保健指導は大きく2つに分けることができます。
【動機付け支援】
個別面接やグループ単位で支援を行い、対象者が生活習慣を振り返り、改善させることを目的とした支援方法です。
【積極的支援】
動機付け支援を行ったあとに、3ヶ月以上定期的かつ継続的に電話やメール、ファックスで支援を行います。対象者が自分の生活を改善し、継続させることが目的です。

<栄養指導>

栄養指導は、特定保健指導の一環で行われる指導です。特定健診で指摘された人への食事習慣や食事コントロールの仕方、塩・カロリーの知識を指導します。摂取カロリーが減少すると体重が減り、特定健診で正常範囲に収まるという考え方です。

<運動指導>

運動指導は、特定保健指導の一環で行われる指導です。栄養指導と並んで重要視されており、運動指導の例としては「1日に30分~60分の有酸素運動を週3日以上おこなう」、「1日3000歩以上歩く」などがあります。

特定保健指導/栄養指導/運動指導の目的

生活習慣病の発症リスクが高い人に対して、生活習慣病の改善や予防を目的として行われます。また、栄養指導や運動指導を含め、保健師や管理栄養士が関わっていることが特徴です。

特定保健指導/栄養指導/運動指導の長所/短所

特定保健指導で栄養指導や食事指導を実施すれば、生活習慣病のリスクを下げることができます。しかし、指導をしても実施しなければ効果が得られないため、対象者個々人の意識によるところが大きくなります。

特定保健指導/栄養指導/運動指導の流れ

1. 特定健診で指摘される
2. 動機付け支援を実施する
3. 積極的支援を実施する
4. 栄養指導と運動指導を実施する

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示