人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

この検査は何のための検査?

PSA(PA)

PSA(PA)の血液検査とは?

身体にがんができると、体内に特殊なたんぱく質を作り出します。このうち、体液中に存在し測定可能なものを腫瘍マーカーといいます。PSA(PA)は前立腺特異抗原の略語であり、前立腺の上皮細胞から分泌されるタンパク質です。前立腺の疾患を調べるマーカーのひとつで、血液検査によって調べます。

PSA(PA)の血液検査の目的

PSAは前立腺から分泌される物質で、前立腺がんの腫瘍マーカーとして用いられています。PSAはがんなど前立腺に炎症が起こると、血液中に漏れ出す量が増えます。そのため、前立腺の病気の可能性をみつけるのに役立つ検査です。

PSA(PA)の血液検査で見つけられる病気

血液検査でPSAを調べることは、次のような病気の診断や症状の進行をみるのに役立ちます。
●前立腺がん
●前立腺肥大症
●前立腺炎    等

PSA(PA)の血液検査の見方

国立がん研究センターの「がん情報サービス」によれば、PSAの基準値は、0~4ng/ml(ナノグラムパーミリリットル)とされています。PSAは、加齢により上昇する傾向があるので、年齢ごとの区分が勧められています。PSAが基準値よりも高い場合は、前立腺がんや前立腺肥大などの病気が疑われます。

PSAの基準値

PSA(PA)の長所/短所

PSAを調べるには、採血で手軽に行うことができます。医療機関によっても異なりますが、検査結果は採血から通常1時間程度で確認できます。
人によっては注射針による痛みを苦痛に感じる人もいるかもしれません。採血で極度にストレスを感じると、副交感神経が緊張して、まれに冷や汗、低血圧、顔面蒼白、吐き気などの症状が現われることがあります(「迷走神経反射」といいます)。
採血では、消毒綿や手袋、注射針のなどの物品を使うため、アレルギーを起こす可能性もあります。特に、アレルギーでよくみられるのが、感染予防に使用されるアルコール綿です。アレルギーに心当たりのある人はあらかじめ、採血を担当する医療スタッフに伝えるようにしましょう。
また、採血の手技によっては神経損傷が生じることがあります。神経損傷は、注射の針先が神経に触れることで起こります。採血時にピリッとした刺激を感じたときは、採血の担当スタッフに伝えるようにしましょう。採血による神経損傷の多くは、2~3ヶ月で自然に治ります。
なお、採血後には、アザなど皮下血種ができることがありますが、数日以内で自然に吸収されます。

PSA(PA)の流れ

PSAを調べるには、採血が行われます。ここでは、腕からの採血の具体的な流れについて説明します。

1. ひじの内側など血管がはっきりと確認できる部分を露出させ、専用の小さな台に腕を乗せる。
2. 上腕部を「駆血帯」と呼ばれるひもやベルトで締める。
3. アルコール綿で消毒し、注射針を刺す。
4. シリンジ内の検体が血液でいっぱいになったら、アルコール綿で抑えながら針を抜く(ほかの項目の血液検査を行うために、複数の検体を取ることがある)。
5. 注射した部位に絆創膏を貼る。血が止まるまでの数分間、自身で圧迫しておく。
6. 完全に止血したら、絆創膏を剥がす。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示