人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

症状から病気を知る&検査を探す

月経時以外の不正出血

月経時以外の不正出血のメカニズム

月経時以外に出血がみられることを不正出血といいます。不正出血はさまざまな要因があり、健康な人でもみられる症状です。たとえば、性交の接触による接触出血や、排卵による出血、妊娠初期にみられる着床出血などが、その例です。

それ以外の場合で不正出血がみられる場合は、子宮内膜が増える病気や、子宮内にポリープやがんなどのできものにより、月経以外に出血がみられることがあります。また、膣内がウイルスや細菌などに感染している場合も、出血がみられやすくなります。なお、妊娠中は、流産や切迫流産、出産兆候として出血がみられます。

月経時以外の不正出血で考えられる病気

不正出血がみられる場合は、以下の病気が考えられます。
●切迫流産  ●子宮内膜ポリープ
●月経不順・無排卵性月経
●子宮内膜増殖症 ●子宮体がん
●子宮頸がん ●性感染症 等

月経時以外の不正出血の原因究明のための検査

不正出血がみられた場合は、考えられる原因によって次のような検査が行われます。

血液検査

月経異常による不正出血が考えられる場合は、採血よって女性ホルモンの数値を調べます。

内診

産婦人科の内診台に上がり、医師が指を挿入して、圧痛などがないか確認します。

経腟エコー検査

お腹にジェルを塗り、超音波の出る機器を当てて、子宮の内部にできものがないか確認します。

子宮頸部細胞診・子宮体部細胞診

子宮の入口や内部を専用の綿棒などでこすり取り、細胞の状態を調べる検査です。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示