人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

症状から病気を知る&検査を探す

日頃からせきや痰が出る

せきや痰のメカニズム

せきは気道や気管に細菌やウイルスなどの異物が混入したときの排除システムの一種です。大きく分けて2種類あります。痰(たん)がからむ「湿性」のものと、痰がからまない「乾性」のものです。

痰は酸素と二酸化炭素の交換をおこなう肺から分泌されています。せきで排除できなかった細菌や塵などを痰と一緒に排除しています。

このようにせきや痰は身体から異物を排除するのに大切な働きをしています。しかし、あまりに頻繁にせきや痰が出る場合や、長引く場合は疾患が隠れている可能性があります。

長引くせきが続くときに隠れている疾患

せきは埃が多いところにいたり、風邪症候群が起きていたりときに発生しやすいです。1~2ヶ月続くことも珍しくありません。しかし、せきが続く場合は重大な疾患が隠れていることがあります。長引くせきで疑われるのは肺がんや肺炎、肺結核、間質性肺炎などがあります。また、せきとともに「ゼーゼー」という音がすると喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)が疑われます。

せきや痰が続く場合に考えられる病気

肺炎、間質性肺炎、肺結核、肺がん、COPD、喘息など

日頃からせきや痰を起こす原因究明のための検査項目

日頃からせきや痰が出る状態が続くときには、以下の検査を行います。

胸部CT検査

胸部にエックス線を当て、断層画像を作成します。肺に腫瘍などができていないか調べます。
「胸部CT検査」についてもっと詳しくみる→

胸部レントゲン検査(胸部エックス線検査)

肺炎になっているとレントゲン画像に白い影が移ります。
「胸部レントゲン検査(胸部エックス線検査)」についてもっと詳しくみる→

肺機能検査(スパイロメーター)

スパイロメーターで肺活量や呼吸数などを測定して、肺の機能を検査します。この検査結果で、肺炎やCOPDなどの鑑別に応用しています。

喀痰細胞診

数回うがいした後に痰を採取します。痰を顕微鏡で観察して、血液の混入や細菌の数を調べます。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示