人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

気になる病気を知る&検査を探す

前立腺肥大症

前立腺肥大症とは?

前立腺肥大症とは、前立腺が肥大する疾患です。前立腺は男性の膀胱の下部に、尿道を取り巻くように位置し、前立腺液を分泌しています。精子を保護したり、精子に栄養を与えたりするとともに、その運動機能を助ける役割を果たすのが前立腺液です。健康な男性の前立腺はクルミ程度の大きさですが、前立腺肥大症になると、卵やみかんくらいのサイズにまで大きくなります。

前立腺肥大症の症状

前立腺肥大症になると尿道が圧迫されるため、以下のような症状が現れます。
 ●尿の勢いが弱く、力む必要がある
 ●尿を出し切ることができない
 ●尿の回数が増える  等

前立腺肥大症の原因と予防法

前立腺肥大症になる具体的な原因については明らかになっていませんが、加齢や男性ホルモンが関係していると考えられています。また、肥満、高血糖、高血糖、脂質異常との関連も指摘されているため、生活習慣を整えることでリスクを低下させることが期待できます。

前立腺肥大症になりやすい人

次の項目に当てはまる方は、前立腺肥大になりやすいといえます。
 50~60歳以上の男性

前立腺肥大症の罹患率と死亡数

前立腺肥大症に関する罹率や死亡数に関するデータはありませんが、55歳以上の男性のうち、5人に1人が前立腺肥大症という報告があります。

前立腺肥大症を調べる検査

前立腺肥大症を調べるためには次のような検査をします。

尿検査

ほかの臓器に異常がないか確認するために、採尿を行います。

尿量流測定

測定器に向かって排尿し、排尿時の勢いを確認します。尿の出が悪かったり、勢いがなかったりなど、前立腺肥大症でみられる排尿障害の有無について確認します。

前立腺触診

医師が肛門から指を挿入し、前立腺の大きさや固さを確認します。

腹部エコー検査

腹部にジェルを塗り、超音波の出る医療機器を当てて残尿がないか確認します。
「腹部エコー検査」についてもっと詳しく見る→

前立腺エコー検査

超音波の出る医療機器を肛門より入れて、前立腺の状態を確認します、腹部エコーよりも詳しくみることができます。

PSA(PA)

採血によって、前立腺から分泌される「PA(PSA)」というたんぱく質を調べます。PAは前立腺肥大症でも増加することがありますが、おもに前立腺がんと鑑別するために行います。
「PSA(PA)」についてもっと詳しく見る→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示