人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

この検査は何のための検査?

腹部エコー検査

腹部エコー検査とは?

腹部エコー検査とは、超音波を腹部に当て、臓器などから跳ね返った超音波から画像を作る検査です。腹部超音波検査とも言います。超音波を発するプローブ(探触子)と呼ばれる機器を腹部に当てながら、肝臓や膵臓、腎臓、脾臓、膀胱などの様子をリアルタイムで観察します。

また、女性の場合は、卵巣や子宮も検査できることが特徴です。

腹部エコー検査の目的

腹部エコー検査は、腹部のなかでも肝臓・腎臓・脾臓・胆嚢・膵臓に異常がないかを調べることが目的です。エコー検査の画像をもとに脂肪肝や腫瘍・腫瘤の有無・ポリープ・結石や臓器の拡張や肥大の有無の所見を調べます。

さらに、腹部を走行している大動脈に腫瘤ができる「大動脈瘤」を観察する場合などは、血流を可視化できるカラードップラー法という検査方法を使用します。これは、超音波検査機の「カラードップラーモード」を使用するだけなので、非常に簡単に検査できます。カラードップラー法では、血流の速度によって色をつけ、血液の滞留を観察できる方法です。

腹部エコー検査で見つけられる病気

腹部エコー検査は、次のような病気の診断に役立ちます。
・肝臓がん  ・肝硬変  ・脂肪肝  ・胆嚢がん  ・膵臓がん
・腎臓がん  ・胆石   ・ポリープ ・脂肪肝   ・慢性肝炎
・胆管拡張  ・脾腫   ・水腎症  ・馬蹄腎  等

腹部エコー検査の見方

基本的には医師が画面を見て画像診断を行います。画面には濃淡のついた白黒の画像が映り、腫瘤や結石などがあると黒く抜けて見えたり、白い遺物として表示されたりします。
カラードップラー法を使用した場合は、赤色と青色で可視化して表示されます。赤色と青色は基本的に「赤色:プローブに向かってくる血流、青色:プローブから遠ざかる血流」を示しています。また、「赤色:動脈血、青色:静脈血」を表す方法もあります。

腹部エコー検査の長所/短所

腹部エコー検査は被曝しないため、子どもや妊娠中の人でも受けることができます。
また、画像はリアルタイムに画面へ表示され、検査時間は10〜20分程度なので、身体的に負担が少なく検査が終わるのも長所です。腫瘍からポリープ、脂肪肝など幅広い疾患の検査に応用されています。
しかし、ガスや便が溜まっていると腹部が見えにくく、尿が溜まっていると膀胱を検査しにくいのが短所です。さらに、腹部エコー検査は術者(医師)の技量が検査結果に大きく影響してきます。

腹部エコー検査の流れ

1. 腹部にゼリーをつける
2. 検査画面が見やすいように部屋は少し暗くする
3. 腹部にプローブ(探触子)を当てる。
4. 10〜30分で終了する

この検査が含まれるプランを探す

腹部エコー検査が含まれるプランを探す

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示