人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

気になる病気を知る&検査を探す

前立腺がん

前立腺がんとは?

前立腺がんとは、前立腺にできる悪性腫瘍です。前立腺は、男性の膀胱の下部に尿道を取り巻くように位置する器官です。前立腺には、前立腺液を分泌する役割がありますが、働きについては未解明の部分も多いです。

前立腺がんの種類

前立腺がんは段階別に次のように分類されています。

早期がん

前立腺の早期がんでは、自覚症状はほとんどありません。前立腺がんのほかに前立腺肥大症にかかっている場合は、進行がんと同じような症状が現れます。

進行がん

前立腺の早期がんでは、排尿障害や射精障害が現れます。

進行転移がん

前立腺がんはリンパ節や骨に転移しやすいがんです。

前立腺がんの症状

前立腺がんは初期の段階では自覚症状はほとんどありません。がんが大きくなるにつれて尿道が圧迫されるため、以下のような症状が現れます。
 ●尿の勢いが弱く、力む必要がある
 ●尿を出し切ることができない
 ●尿の回数が増える
 ●血尿が出る

前立腺がんの原因と予防法

前立腺がんは、加齢や遺伝が原因と考えられています。自覚症状の乏しい疾患のため、定期的な検査による早期発見が重要です。

前立腺がんになりやすい人

次の項目に当てはまる人は、前立腺肥大になりやすいと言えます。
 ●60歳以上の男性
 ●肥満傾向の人
 ●脂質の多い食事を好む人

前立腺がんの病期(ステージ)別生存率

前立腺がんは、がんの中でも予後が良好ながんです。前立腺がんの病期ごとの5年相対生存率は次のようになります。
前立腺がんの病期ごとの5年相対生存率
※出典:全国がんセンター協議会の生存率共同調査(2019年2月集計)

前立腺がんの死亡数

食生活の欧米化にともない、日本の前立腺がんの患者数は急激に増えています。厚生労働省の「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)」によると、2017年のがんで死亡した男性の数は22万398人で、うち前立腺がんの死亡数は1万2013人でした。

また、国立がん研究センターがん情報サービスによると、2012年の男性疾患数(全国合計値)では、胃がん、肺がん、大腸がんに次いで4位と、多くなっています。

前立腺がんを調べる検査

前立腺がんを調べる検査には次のような検査があります。

PSA(PA)

採血で、前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSAを調べます。
「PSA(PA)」についてもっと詳しくみる→

前立腺触診

医師が肛門から指を挿入し、前立腺の大きさや固さを確認します。

腹部エコー検査

腹部にジェルを塗り、超音波の出る医療機器を当てて、残尿がないか確認します。
「腹部エコー検査」についてもっと詳しくみる→

前立腺エコー検査

超音波の出る医療機器を肛門より入れて、前立腺の状態を確認します、腹部エコーよりも詳しくみることができます。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示