人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

症状から病気を知る&検査を探す

おりものの量が多い・においが気になる

おりものの量が多くなる・においが強くなるメカニズム

おりものは膣や子宮から分泌されるもので、ホルモン周期や体調によっても状態が変化します。健康な人のおりものは、酸っぱいにおいがするのが正常です。おりものの性状は、排卵期前後では卵の白身のようなおりもの、生理前になると水っぽいサラサラとしたおりものに変化します。

おりものの量やにおいがいつもと異なる場合は、なんらかの病気にかかっている可能性があります。膣から細菌が感染すると、おりものが黄色くなったり、ポロポロとしたかたまりになったり、泡立つようになったりするなど、原因によっておりものの状態が変化し、においも強くなります。

また、子宮内にできものができると、おりものの量が増えたり、血が混じったりするようになります。

おりものの量が多い・においが気になるときに考えられる病気

膣炎、子宮内膜炎、性感染症(STD)、子宮がん 等

おりものの量が多い・においが気になるときの原因究明のための検査

おりものの量が多かったり、においが気になったりするときは、以下の検査が行われます。

培養検査

専用の綿棒で膣内のおりものを採取して、細菌の有無を調べます。

経腟エコー検査(経腟超音波検査)

膣に超音波の出る医療機器を入れて、子宮や卵巣の様子を調べる検査です。

子宮頸部細胞診

子宮の入口部分である子宮頸部を専用のブラシなどでこすり取り、細胞の状態を調べる検査です。
「子宮頸部細胞診」についてもっと詳しくみる→

子宮体部細胞診

子宮の内部である子宮体部を専用のブラシなどでこすり取り、細胞の状態を調べる検査です。
「子宮体部細胞診」についてもっと詳しくみる→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示