人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

症状から病気を知る&検査を探す

よく眠れない

眠れなくなるメカニズム

よく眠れないと感じることは、日常生活でよくみられる症状です。一言でよく眠れないといっても、寝つきが悪い、夜間目覚めてしまう、朝早く目覚める、ぐっすり眠れた感じがしない、と内容もさまざまです。急に眠れなくなる原因として、気持ちが高ぶっている、昼夜のリズムが崩れている、カフェインなど覚醒作用のある成分を含んだ食品を取ることでも起こります。

よく眠れないという症状が続く場合は、睡眠習慣に問題があったり、心の病気が原因となったりすることがあります。特に、心の病気では、昼間の活動が低下する、睡眠欲そのものがなくなる、大きな不安を抱えているなど、病状によって、さまざまな原因が考えられます。また、病気を抱えている場合、痛み、かゆみ、咳、排尿が近いといった症状も、眠りを妨げる原因になることがあります。

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で不眠症になることがあります。例えば、高血圧の場合は、交感神経が興奮している状態が続きやすく、眠りを妨げることがあります。また、糖尿病では頻尿や水分を多量に取るなどの症状が、眠りに影響を与えることがあります。

よく眠れなくなるときに考えられる病気

不眠が長く続くときは、以下のような病気の可能性があります。
●不眠症
●うつ病
●躁うつ病
●統合失調症
●不安障害
●認知症
●高血圧
●糖尿病

不眠の原因究明のための検査

よく眠れない場合の原因究明検査には、以下の検査があります。

終夜睡眠ポリグラフ(PSG)

身体にセンサーを取り付け、夜間の睡眠中の脳波や呼吸など身体の反応を観察する検査です。

睡眠潜時反復検査(MSLT)

日中の眠気の程度を評価するために、PSGと同じ方法で、昼間に検査を行います(2時間おき、4回以上)。

安静時心電図検査

ベッドに上で横になり、安静を保った状態で心臓の活動状況を記録し、脈の乱れや波形の異常を調べます。
「安静時心電図検査」についてもっと詳しく見る→

頭部MRI検査

脳全体を画像化し、脳梗塞や脳腫瘍の有無や大きさ、発生箇所、その他異常がないかなどを検査します。
「頭部MRI検査」についてもっと詳しく見る→

そのほか、一般的な内科系疾患のスクリーニングのため採血し、血液検査を行うこともあります。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示