人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

気になる病気を知る&検査を探す

肝臓がん

肝臓がんとは?

肝臓がんとは、肝臓の細胞や胆管に発生するがんのことをいいます。肝臓がんは、肝臓からがんが発生する「原発性肝がん」よりも、ほかの臓器のがんが転移する「転移性肝がん」が多くなります。

肝臓がんの種類

肝臓がんには次の2つの種類があり、それぞれ治療法が異なります。

●肝細胞がん
肝臓の細胞にできたがんで、肝臓がんの95%を占めます。

●肝内胆管がん
肝内胆管がんは、肝臓の内部にある胆管と呼ばれる部位にできるがんです。胆管細胞がんと呼ぶこともあります。

肝臓がんの症状

初期の肝臓がんでは、症状はあまりみられませんが、がんが進行すると次のような症状が現れます。
●倦怠感
●むくみ
●肌や白目の部分が黄色くなる
●茶色の尿が出る

肝臓がんの原因と予防法

肝臓がんの多くは、肝炎から肝硬変、肝臓がんと移行します。肝炎にはウイルス性、アルコール性、薬剤性などさまざまなものがあります。肝炎を予防することは、肝臓がんの予防につながります。

肝臓がんになりやすい人

次の項目に当てはまる人は、肝臓がんになりやすいといえます。
●肝炎の既往がある人
●がんの既往がある人

肝臓がんの病期(ステージ)別生存率

肝臓がんの5年相対生存率は、下記のとおりです。
肝臓がんの5年相対生存率
※出典:全国がんセンター協議会の生存率共同調査(2019年3月集計)

肝臓がんの罹患数と死亡数

厚生労働省の「平成26年(2014)患者調査」によると、がん(悪性新生物)による入院と外来を含む年間の患者数は約30万800人で、そのうち肝臓がんの患者数は約1万2400人
でした。

また、厚生労働省が2018年9月に公表した「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)」によると、がん(悪性新生物)による年間の死亡数は37万3334人でした。そのうち、肝臓がんの死亡数は、2万7114人でした。

肝臓がんを調べる検査

肝臓がんを調べる検査には以下のものがあります。

血液検査 :AST(GOT)、ALT(GPT)、AFP、PIVKA-Ⅱ

採血によって、肝臓の細胞が破壊されたときに増える酵素の量や腫瘍マーカーを調べる検査です。
「血液検査 AST(GOT)」についてもっと詳しく見る→
「血液検査 ALT(GPT)」についてもっと詳しく見る→

腹部エコー検査(腹部超音波検査)

超音波の反響を画像化する検査です。肝臓など身体の内部の様子を確認することができます。
「腹部エコー検査(腹部超音波検査)」についてもっと詳しく見る→

腹部CT検査

エックス線を回転させながら照射して、身体の断面図をコンピューターで画像化する検査です。

腹部MRI検査

ドーム型の強力な磁石でできた装置に入り、身体の内部を鮮明に画像化する検査です。

血管造影検査

太ももの血管から細い管を挿入し、造影剤によって特定の臓器の血管を映しだす検査です。

生検

超音波検査機器(エコー)や腹腔鏡を用いながら針を刺し、特定の臓器の細胞を採取して調べる検査です。肝生検では、お腹から針を刺します。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示