人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

症状から病気を知る&検査を探す

胸やけがする

胸やけのメカニズム

胸やけがする場合は、胃から胃酸が逆流して、食道が焼けただれるように荒れている可能性があります。通常は胃酸が逆流しない構造になっていますが、胃酸が大量に分泌された場合や、胃酸の逆流防止の働きが弱くなることで、逆流を起こして胸やけを引き起こします。また、油っぽい食べ物を食べすぎた翌日には、胃酸が逆流しやすくなります。

胸やけは胸部から喉元にかけて焼けるような痛みが特徴です。この胸やけを放置し、胃酸が頻繁に逆流するようになると、それが癖になり睡眠中も胸部から喉元にかけて焼けたような痛みに襲われます。そこで、睡眠障害を併発することもあります。また、食道粘膜がただれることで、食道がんの発症リスクが高くなります。胃酸が逆流することで、食道がんのリスクが高くなっている状態を「バレット食道」と言います。

胸やけがする場合に考えられる病気

胸焼けが長く続くときは、以下のような病気の可能性があります。
胃炎、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃がんなど

胸やけの原因究明のための検査

胸やけが続くときは、以下の検査を行います。

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

胃カメラを鼻または口から挿入して、食道や胃の粘膜を確認します。
「胃内視鏡検査(胃カメラ検査)」についてもっと詳しくみる→

問診

胸やけがする人の自覚症状を把握するために、問診をおこないます。
「問診」についてもっと詳しくみる→

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)

造影剤のバリウムを飲んで、胃にエックス線を当てます。食道や胃の粘膜の凸凹を観察します。
「胃レントゲン検査(胃バリウム検査)」についてもっと詳しくみる→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示