人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

この検査は何のための検査?

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)とは?

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)とは、造影液であるバリウムを飲んだ状態でレントゲン撮影を行い、食道から胃、十二指腸までをレントゲン撮影する検査です。胃X線検査または胃透視検査と言われる場合もあります。
おもに、ポリープや潰瘍(かいよう)、がんについて調べます。胃の形の変化や異常を観察するときにも有効です。

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)の目的

胃レントゲン検査は、胃がんの早期発見のために行われます。胃の中を空っぽにした状態で、胃を膨らませる発泡剤を飲みます。
その後、バリウムを飲み胃の粘膜にバリウムを付着させます。この状態でレントゲン撮影を行うと、がんや潰瘍などを観察できます。

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)で見つけられる病気

食道、胃、十二指腸に発生しているがんやポリープ、潰瘍など

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)の注意点

喫煙者は、検査当日はタバコを吸ってはいけません。これは、タバコを吸うことによって胃液の分泌が促進され、胃が活動を始めてしまうためです。胃が活動するとバリウムは腸へ押し出されてしまいます。

また、検査のときに飲む発泡剤を飲んだあとはゲップがしやすくなりますが、ゲップをするとお腹が凹んでしまうためゲップを我慢するようにしましょう。

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)の長所/短所

胃カメラと比較した場合、嘔吐反射が起きないため、身体への負担が少なくてすみます。
また、胃カメラ検査よりもスキルスタイプの胃がんを発見しやすいという特性があります。これは、スキルスタイプの胃がんは粘膜表面に現れにくいからです。

消化器系の検査は絶食が必要になることが多く、胃レントゲン検査も前夜から絶食の必要があります。これは、胃の動きを止めた状態で検査を行うためです。
また、検査前に飲む発泡剤はゲップを誘発しやすいですが、ゲップを我慢しなければいけません。これは、発泡剤を飲むことで胃をふくらませて、胃の内壁を観察しやすくするためです。胃の内壁は収縮すると、観察しにくくなるためこのような処置を行ってから観察します。
もしゲップをしてしまうと、レントゲン撮影の結果で、胃の粘膜に凸凹が出てしまいバリウム液が均一にならず濃淡のついた画像になります。さらに、エックス線を照射するため被曝するという短所があります。

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)の流れ

1. 通常、検査前日21時以降から絶食
2. 検査の3時間前より水分摂取禁止
3. 発泡剤を飲み、そのまますぐにバリウムを飲む
4. 検査台の上に寝る
5. レントゲン撮影
6. 下剤を飲みバリウムを排泄

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示