人間ドックのマーソ

Tポイント最大5%貯まる!使える!

メニューを閉じる

人間ドック受診医療施設・プランを探す

子宮細胞診検査について

子宮がんは腫瘍のできる場所によって、「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類に分けられます。

「子宮頸がん」は子宮の入り口である頸部の上皮から発生します。
現在「子宮頸がん」は30〜40歳代で特に多くなっています。また、20歳代で子宮頸がんの診断をされる方も年々増えています。これは「子宮頸がん」がHPV(ヒトパピローマウィルス)の感染が発がんの原因となることが多いと考えられていることにも合致します。HPVは主に性交渉で感染します。よって性交渉が活発な方や、性交渉の相手が多いほど子宮頸がんのリスクは高くなるため、個人差はあっても性交渉が盛んな年代でリスクが高くなるからです。

子宮頸がんに対して、「子宮体がん」は子宮そのものにある内膜から発生します。
ですが、子宮内膜は生理のときにはがれて体外に排出されるため、「子宮体がん」になりやすい年齢は、閉経後の50歳代以降で多くなります。
また、現在「子宮体がん」はどの年齢においても増加傾向にあり、出産の経験がない方や、肥満、高血圧、糖尿病の方がなりやすいと言われています。これは必ずしも当てはまらないものの、子宮体がんにかかるリスクを抱えている方は多かれ少なかれ生理不順を抱えていることが多いであろう事が影響しているのではないでしょうか。ですから子宮体がんに関しては生活習慣病と言えないこともないのかもしれません。

では、子宮がんの検診で主に行われる子宮細胞診検査とはどういった検査でしょうか?
受診される方の中でも特に初めての方は、正直なところためらいがあると思います。下着を脱いだ状態で診察台に横になり、大股開きをして足は固定され、専用の器具を使用して直接細胞をとり、がん細胞があるかどうかを判断する検査です。

さらには子宮頸がんは視触診を行い、その後クスコ(膣鏡)という器具を膣の中に入れ子宮頸部を観察します。それから子宮頸部の細胞を採取します。検査は1分ほどで終わります。
一方、子宮体がんは子宮頚部を消毒し、子宮の入り口を少し広げ(このとき少し痛みがある場合があります)子宮の内膜から細胞を摂取します。検査は10分ほどで終わります。

どちらもそれほど痛みはないですが、これら一連の検査を男性の医師にされるのは抵抗があると言う方は多いでしょう。ちょっと冷たいのが嫌だと言う人は少なくないようです。

もちろんそういった方のために女医のいる医療機関も多数ありますので探してみてください。
MRSOでは女性医師の在籍している医療機関に絞って検索することもかのうですので、恥ずかしいという理由で受診を躊躇されていた方はぜひご利用いただき、がんの早期発見や根絶治療にお役立てください。

近年、子宮がんは増加傾向です。20歳を過ぎたら定期的に「子宮頚がん」の検査を、40歳代後半からは「子宮体がん」の検査を受けることをオススメします。

子宮がん検診の医療施設を探そう

子宮がん検診が受診できる医療施設を探しましょう。予約数が多い施設から探す「予約数順から探す」、
エリアから探す「都道府県で医療施設を探す」「プランを詳細検索する」の3つの切り口から探すことが出来ます。

子宮がん検診の医療施設を都道府県から探す
北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島
関東
東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨
甲信越・北陸
新潟 長野 富山 石川 福井
東海
愛知 岐阜 静岡 三重
近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
マーソは厚生労働省、がん対策推進 企業アクションに参画しています。がん検診受診の大切さを呼びかけることにより、受診率50%以上をめざします。
中文电话对应窗口
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示