人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

気になる病気を知る&検査を探す

食道がん

食道がんとは?

食道がんとは、食道にできる悪性腫瘍のことです。食道は口から胃までをつなぐ器官で、食べ物や飲み物の通り道となる器官です。食道がんは、女性よりも男性に多くみられる傾向にあるがんです。

食道がんの種類

食道がんはがんが発生している組織ごとに、以下のように分けられます。

扁平上皮がん

扁平上皮という、皮膚のような組織にできるがんで、日本人に多くみられます。

腺がん

分泌腺のあるヒダ状の粘膜にみられるがんです。胃酸の逆流で起こりやすくなります。
初期の食道がんは自覚症状がありません。食道がんが進行すると、次のような症状が現れるようになります。
●のどがつかえる
●水がしみる
●食欲がない
●体重が減る
●声がかすれる
●胸のあたりが痛む

食道がんの原因と予防法

食道がんの原因ははっきりとはわかっていませんが、アルコールとタバコとの関連が指摘されています。多量の飲酒と喫煙を控えることは、食道がんの予防につながります。

食道がんになりやすい人

次の項目に当てはまる方は、食道がんになりやすいといえます。
●多量のお酒を飲む習慣のある人
●タバコを吸っている人

食道がんの病期(ステージ)別生存率

食道がんの5年相対生存率は、下記のとおりです。
食道がん5年生存率

※出典:全国がんセンター協議会の生存率共同調査(2019年3月集計)

食道がんの罹患数と死亡数

厚生労働省が2018年9月に公表した「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)」によると、がん(悪性新生物)による年間の死亡数は37万3334人でした。そのうち、食道がんの死亡数は、1万1568人でした。

食道がんを調べる検査

食道がんを調べる検査には次のようなものがあります。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃の検査ととらえられがちですが、実際には胃だけではなく、食道や十二指腸も観察する検査で、上部内視鏡検査とも呼ばれます。内視鏡というカメラを口から挿入して、食道内の粘膜を観察します。
「胃内視鏡検査(胃カメラ)」についてもっと詳しくみる→

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)

胃がんのほか、腫瘍やポリープを見つけるための検査ですが、実際には食道や十二指腸も調べる検査です。バリウムを飲んでエックス線を照射し、食道に病変がないか検査します。
「胃レントゲン検査(胃バリウム検査)」についてもっと詳しく見る→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示