人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

症状から病気を知る&検査を探す

食後に胃の不快感がある

食後に胃の不快感が起こるメカニズム

胃の不快感が長期的に続くときは、胃がんや胃潰瘍など消化器系の疾患を疑います。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によれば2017年に胃がんは全がん死亡数部位の中で男女合計3位に入っています。40歳代から罹患数は増えていき、85歳以上まで罹患数に変化はありません。つまり、年齢に関係なく発症するリスクがあるがんという事です。

また、疾患だけでなく、ストレスや疲れ、便秘などによっても胃の不快感は起きます。しかし、多くは消化器の異常を示すサインなので、便秘や疲れなどの理由がない場合は注意しましょう。

食後に胃の不快感がある場合に考えられる病気

食後に胃の不快感がある場合には、以下のような病気の可能性があります。
胃炎、胃潰瘍、胃がん、便秘、ストレスなど

食後に胃の不快感がある場合の原因究明のための検査

食後に胃の不快感がある場合には、以下の検査を行います。

血液検査

胃にがんや潰瘍が形成されて、出血があると貧血の症状が出ることがあります。そのため、貧血の検査項目である赤血球数やヘモグロビン濃度を調べます。また、胃がんがあった場合は腫瘍マーカーが高値になるので、腫瘍マーカーの測定も行います。
「赤血球」についてもっと詳しくみる→
「ヘモグロビン」についてもっと詳しくみる→

胃ABC検査

胃がんの原因といわれているピロリ菌の検査と、胃の粘膜の萎縮度検査であるペプシノゲン検査の結果からA、B、C群で胃がんのリスク判定をおこないます。

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

鼻または口から胃カメラを挿入して食道や胃の粘膜を確認します。
「胃内視鏡検査(胃カメラ検査)」についてもっと詳しくみる→

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)

バリウムという造影剤を飲み、エックス線を当てることで、胃の粘膜にできている凸凹を観察します。
「胃レントゲン検査(胃バリウム検査)」についてもっと詳しくみる→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示