人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

気になる病気を知る&検査を探す

胆石

胆石とは?

胆石とは、肝臓から分泌される胆汁が結石になったものをいいます。結石の発生している部位によって名称が異なります。胆のうにあるときは「胆のう結石症」、胆管にあるときは「胆管結石症」です。また、このうち「胆のう結石症」は胆石の8割を占めます。

胆石の症状

初期症状ではほとんど症状がみられません。しかし、症状が進行することで、みぞおちを中心に激しい痛みが起こります。また、腹部だけでなく背部にも痛みをともなうことがあります。胆石を保有していても、10%の人は生涯無症状で経過することもあります。

この症状は、食後30分~2時間の間にみられることが多いです。これは、胆管を胆石が塞ぐことが原因となります。痛みだけでなく吐き気や嘔吐が起こるケースもあります。

胆石の原因と予防法

胆石の最大の原因はコレステロールの摂りすぎです。胆汁内のコレステロール量が増え、胆のうの働きが低下することで、胆石のリスクが上がります。コレステロールは水に溶けないため、一部が胆汁に溶け込むことで肝臓の外へ排出されます。しかし、コレステロールと胆汁酸のバランスが崩れてしまうと、コレステロールが結晶化し、胆石になりやすくなります。そのため、コレステロールの摂取を控えることが第一の予防法になります。コレステロールの摂取を控えるというのは、たとえば、パンにバターを塗らない、卵料理の摂取を控えるなどです。

胆石を発症しやすい人

次のような人は胆石に注意しましょう。
●コレステロールの摂取が多い人
●脂質異常症
●肥満
●女性
●家族で胆石になった人がいる
●運動不足
など

胆石の検査

胆石を調べる検査には次のようなものがあります。

腹部エコー検査(腹部超音波検査)

胆のうの中を腹部超音波検査で観察すると、黒く写ります。しかし、胆石があると白い像となり映し出されることが多いです。無症状のことが多いため、ほかの疾患で受けた超音波検査でみつかることが多いです。
「腹部エコー検査(腹部超音波検査)」についてもっと詳しくみる→

腹部CT・MRI検査

腹部CT検査やMRI検査では胆石の位置関係を把握できるだけでなく、大きさの変化についても経過を追って確認できます。

血液検査

胆石が存在する場合、血液検査でも炎症反応やAST(GOT)、ALT(GPT)といった肝酵素の上昇がみられます。また、ALP、LAP、γ-GTPといった肝道系酵素の上昇も、胆石の存在を疑う項目です。さらに、総胆管が胆石でふさがっており、急性膵炎を発症している場合は、ビリルビンやアミラーゼの上昇も見られます。
「血液検査 AST(GOT)」についてもっと詳しくみる→
「血液検査 ALT(GPT)」についてもっと詳しくみる→
「血液検査 ALP」についてもっと詳しくみる→
「血液検査 γ-GTP」についてもっと詳しくみる→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示