人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

この検査は何のための検査?

骨盤MRI検査

骨盤MRI検査とは?

MRIは、磁気と電波の働きを利用して、身体の内部の断面図を画像化する検査です。骨盤MRI検査で、子宮や卵巣などの婦人科系の病気の診断などを行います。

骨盤MRI検査の目的

骨盤MRI検査は、子宮や卵巣の病気の診断や状態を詳しく知るのに役立つ検査です。骨盤MRI検査では、超音波検査と比較して、コントラストの鮮明な画像が得られます。骨盤まわりにある、子宮や卵巣などのがんや筋腫などを調べる目的で行われます。

骨盤MRI検査で見つけられる病気

骨盤MRI検査をすることは、次のような婦人科の病気の診断に役立ちます。
 ●子宮体がん
 ●子宮頸がん
 ●子宮筋腫
 ●卵巣がん
 等

骨盤MRIの検査結果の見方

骨盤MRI検査は、照射する電磁波の条件を変更することで、色彩の異なる画像を得ることができます。骨盤MRIの検査結果は医師より説明がされますが、以下のような所見がみられる場合は、異常である可能性があります。
 ●形の不明瞭な腫瘤がある
 ●出血を示す画像所見がある

骨盤MRI検査の長所/短所

MRI検査は、放射線検査ように被ばくの問題がなく、鮮明な画像を得ることができます。ただし、検査時間は30分ほどかかり、検査中は大きな音がします。閉所恐怖症や安静が保てない場合は、検査を行うことが難しくなります。

また、MRI検査はペースメーカの誤作動の可能性があるので、ペースメーカの埋め込みをしている人は受けることができません(MRI対応のペースメーカは可)。

骨盤MRI検査の流れ

1. 検査着に着替え、アクセサリーや時計など金属製の装飾品を外す。
2. 筒状の装置に横たわる。
3. (検査中は大きな音が発生し、台が自動で動く)
4. 検査が終了したら、台から降りて衣類を着る。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示