人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

症状から病気を知る&検査を探す

むくみ

むくみのメカニズム

むくみとは、身体の水分量と塩分量が増えている状態のことです。全身に起きるむくみと、局所的に起きるむくみがあり、それぞれ原因が異なります。全身に起きるむくみは心臓や肝臓、腎臓の異常が考えられます。また、女性の中には月経前にむくみが起きることもあります。

局所的なむくみは静脈やリンパ節の流れが悪くなっているか、炎症やアレルギーが起きている状態をさします。長時間立っているときや、横になっている場合なども局所的にむくみを引き起こします。ホルモン剤やステロイドなどの薬剤の使用によりむくみが生じることもあります。

むくみが発生する場所によっては、病気のサインということもあるので、定期的に自分の身体をチェックするようにしましょう。また、身体を触ってむくみの有無について確認します。

むくみが続く場合の病気

肥満症、高血圧、腎不全、ネフロゼー症候群、糖尿病性腎症、慢性甲状腺炎、肝硬変、心不全、貧血など

むくみが続き場合、原因究明のための検査

むくみが続く場合は以下の検査を行います。

血液検査

肝臓や腎臓の働きを検査するために血液検査をおこないます。また、動脈硬化の有無を調べるために中性脂肪やLDL・HDLコレステロールも調べます。
「中性脂肪(TG、トリグリセリド)」についてもっと詳しくみる→
「LDLコレステロール」についてもっと詳しくみる→
「HDLコレステロール」についてもっと詳しくみる→

安静時心電図検査

高血圧が原因で心臓に負担をかけている場合は、心臓の波形に異常が出ます。
「安静時心電図検査」についてもっと詳しくみる→

尿検査

腎臓の機能を検査するため、尿検査をおこないます。尿糖や尿タンパク、血尿の有無を調べます。

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

胃粘膜で出血が起きていると、貧血が出ることがあります。そこで、胃カメラで胃粘膜を観察します。
「胃内視鏡検査(胃カメラ検査)」についてもっと詳しくみる→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示