人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

骨盤腔MRI検査で見つかる婦人科の病気

人間の文明がどれだけ進歩しても、現在ではまだ病気を根絶するまでには至っていません。病気を未然に防いだり、またかかっている病気を早期に発見して適切な治療を始めるためには、定期的に健診を受けることが望ましいのです。数多く存在する病気を診断するために様々な機械を用いた検査法が開発されていて、MRIもそんな検査法の一つです。MRIとはMagnetic Resonance Imagingの略で、日本語では磁気共鳴画像法のように呼ばれます。これは強い磁気を利用して内臓など体内の状態を断面像として映し出すという方法で、放射線を使うことなく病変を調べられるものとして多くの病院で利用されています。
女性には妊娠して体の中で赤ちゃんを育み、出産し、母乳で育てるなどの特有の機能があります。そのため男性とは体内の器官の種類も違い、それらに生じる女性特有の病気も存在します。骨盤腔MRI検査は磁気を用いて骨盤内を連続的に撮影するという検査法で、子宮や卵巣などに生じる婦人科の病気を発見するためにとても有効な検査法と言えます。骨盤腔MRI検査なら輪切り面と側面からという二つの方向からの断面像を得られるので、子宮や卵巣の状態や大きさを目に見える形で明確に知ることができるからです。この骨盤腔MRI検査で見つかる婦人科の病気としては、ウィルスの感染が原因で子宮の入り口付近に生じる子宮頚がん、女性ホルモンのエストロゲンの影響などにより子宮内膜に発生する子宮体がん、子宮筋腫、卵巣がんなどがあります。

マーソは厚生労働省、がん対策推進 企業アクションに参画しています。がん検診受診の大切さを呼びかけることにより、受診率50%以上をめざします。
中文电话对应窗口

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示