人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

気になる病気を知る&検査を探す

胃がん

胃がんとは?

胃がんは胃の粘膜にできる悪性腫瘍のことをいいます。なんらかの原因で、胃の粘膜にがん細胞ができると、無秩序に増殖していきます。胃がんが進行すると、肝臓や膵臓(すいぞう)などまわりの臓器、リンパ節、あるいは脳や骨などの遠隔臓器にがんが広がることもあります。

胃がんの種類

胃がんの種類には次のようなものがあります。

分化型がん

胃粘膜の細胞をよく似ているがん細胞です。分化型がんのほとんどは分泌腺から発生する腺がんが占めます。一般的に進行は穏やかです。

未分化型がん

正常な細胞の名残がほとんどないがん細胞です。がん細胞が小さくても、リンパ節に転移しやすいという特徴があります。進行が速い傾向にあります。

胃がんの症状

初期の胃がんでは自覚症状がほとんどなく、がんが進行すると次のような症状が現れます。
●食欲不振
●体重減少
●お腹の痛み
●吐血
●嘔吐
●胃部不快感
●胸焼け
●嘔気
など
胃がんの症状は、胃炎や胃潰瘍でもみられるため、きちんと検査を受けることが大切です。

胃がんの原因と予防法

胃がんの原因には、ヘリコバクターピロリ(以下ピロリ菌)という細菌の感染が関連していることがわかっています。ピロリ菌は衛生環境を整えたり、食べ物の口移しを防いだりすることで、感染率を下げられます。ピロリ菌に感染している場合は、除菌をすることで胃がんを予防することができるため、除菌治療を受けるようにしましょう。

また、胃がんは食生活の関連も指摘されており、塩分の多い食事や野菜や果物の摂取不足でリスクが上がります。毎日の食生活で薄味を心がけ、栄養バランスを整えていきましょう。

胃がんになりやすい人

胃がんになりやすい人は
●ピロリ菌に持続して感染している人
●塩分の高い食事を好む人
●タバコを吸う人
など

胃がんの病期(ステージ)別生存率

胃がんの病期別の5年相対生存率は下記です。
胃がんの病期別の5年相対生存率
※出典:全国がんセンター協議会の生存率共同調査(2019年4月集計)

胃がんの罹患数と死亡数

2017年の国立がん研究センターの統計によれば、胃がんの罹患率は13.3万人で、死亡数は4.5万人です。胃がんの患者数は横ばいですが、死亡率は以前よりも減少傾向がみられています。

胃がんを調べる検査

胃がんを調べるための検査には次の検査があります。

胃レントゲン検査(胃バリウム検査、胃透視検査)

バリウムを飲んだ状態でレントゲン撮影を行う検査です。胃の形や表面の様子を撮影します。
「胃レントゲン検査(胃バリウム検査)」についてもっと詳しく見る→

胃内視鏡検査(胃カメラ)

口から小型のカメラを挿入し、胃の粘膜の様子を直接観察する検査です。身体的負担を和らげるために、局所麻酔を行うこともあります。
「胃内視鏡検査(胃カメラ)」についてもっと詳しく見る→

血液検査(腫瘍マーカー)

がんになると体内に特別な物質が作られるようになり、腫瘍マーカーと呼ばれています。胃がんの腫瘍マーカーには、CEAやCA19-9がありますが、早期発見には適していません。
「腫瘍マーカー – CEA」についてもっと詳しく見る→
「腫瘍マーカー – CA19-9」についてもっと詳しく見る→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示