人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

症状から病気を知る&検査を探す

吐き気

吐き気のメカニズム

吐き気とは、腹部や胸部の不快感、嘔吐しそうになる感覚のことをいいます。吐き気をもよおしてから、実際に吐き出すことを「嘔吐」と呼び、身体から異物を吐き出すための防御反応の一つです。

吐き気の原因は、消化不良や消化器系疾患だけではありません。脳疾患や耳鼻科領域疾患などでも起こります。また、ストレスや精神的な問題から吐き気をもよおすこともあります。

吐き気とともに発熱がある場合は風邪症候群やインフルエンザ、頭痛がある場合は脳出血やくも膜下出血・脳腫瘍、胃の痛みがある場合は胃潰瘍・胃炎などを疑います。長時間吐き気があり、食事を取れない状態が続くと低栄養や脱水状態になるため注意が必要です。

吐き気が続く場合や突然の嘔吐があったときに考えられる病気

脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍、メニエール病、慢性胃炎、逆流性食道炎、急性胃炎、急性腸炎、胃潰瘍、胃がん、虫垂炎、腹膜炎、うつ病、パニック障害、過食症、腸閉塞、突発性難聴など

吐き気が続く場合、原因究明のための検査

吐き気が続く人におすすめの検査項目は以下のものがあります。

血液検査

胃に腫瘍ができていると高値を示す腫瘍マーカーであるCEAなどを検査します。
「腫瘍マーカー – CEA」についてもっと詳しくみる→

ウロビリノーゲン検査

腸閉塞が起きていないか尿ウロビリノーゲン検査を行います。
「尿ウロビリノーゲン検査」についてもっと詳しくみる→

頭部MRI検査

脳腫瘍の有無や脳出血・脳梗塞の有無を検査します。
「頭部MRI・MRA検査」についてもっと詳しくみる→

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

鼻または口から胃カメラを挿入して、胃粘膜や食道粘膜に潰瘍や腫瘍ができていないか検査します。
「胃内視鏡検査(胃カメラ検査)」についてもっと詳しくみる→

胃レントゲン検査(胃バリウム検査)

バリウムという造影剤を飲んで、エックス線を当て画像形成をおこないます。画像から胃の粘膜に凸凹ができていないか検査します。
「胃レントゲン検査(胃バリウム検査)」についてもっと詳しくみる→

頭部CT検査

頭部にエックス線を当てて、脳血管の形などを検査します。
「頭部CT検査」についてもっと詳しくみる→

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示