人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

気になる病気を知る&検査を探す

心不全

心不全とは?

心不全とは、心臓のポンプ機能が低下することによって、全身の臓器が必要とする血液を十分に送れなくなった状態をいいます。心臓は身体に血液を送る役割のある臓器です。心不全は、心臓病の症状が進行した状態であり、命に関わることも少なくありません。

心不全の種類

心不全は症状の現れ方によって、以下の2つに分けられます。

急性心不全

狭心症(心臓の血管が狭くなることで起こる症状)や心筋梗塞(心臓の血管が詰まる病気)など、急に心臓の機能が低下するものをいいます。

慢性心不全

心筋症(心臓の筋肉が厚くなるなど異常がみられる状態)など少しずつ病気が進行するものや、心臓病の進行によるものをいいます。

心不全の症状

心不全の症状は、障害が起こっている心臓の部位によって異なります。代表的な心不全の症状には以下のものがあります。
●食欲がない
●動作時に息切れがある
●疲れやすい
●手足が冷えている
●下半身を中心にむくみがある
●咳やピンク色の泡のような痰がでる

心不全の原因と予防法

多くの心不全は心臓病が原因で引き起こされます。後天的な心臓病の原因として挙げられるのが、加齢や生活習慣病によるものです。バランスのよい食事や毎日の生活に運動を取り入れることは、心不全の予防につながります。

心不全になりやすい人

次の項目に当てはまる方は、心不全になりやすいといえます。
●生活習慣病や心臓病の既往がある人
●生活習慣が乱れている人
●強いストレスを抱えている人

心不全の罹患率と死亡数

心不全の患者数は150万人から250万人といわれています。また、2017年の心不全による死亡数は約8万人と報告されています(※厚生労働省「平成29年(2017)人口動態統計の概況」)。

心不全を調べる検査

心不全を調べるためには次のような検査をします。

血液検査

採血によって、心臓の働きと関わりのあるホルモンや酵素の量を調べます。

胸部レントゲン検査

エックス線を照射して、身体の内部を画像化する検査です。心臓の大きさや動脈硬化がないかを確認します。

安静時心電図検査・運動負荷心電図検査

心臓のリズムを波形にして記録する検査です。心臓の動きに異常がないかを確認します。
「安静時心電図検査」についてもっと詳しく見る→

心エコー検査

ジェルを塗って、超音波の出る医療機器を当てて、心臓の機能を確認します。

胸部CT検査・冠動脈CT検査

エックス線を回旋させながら照射し、コンピューター処理によって身体の断面図を画像化する検査です。造影剤を注入して、心臓の血管が詰まっていないか確認することができます。医療機関によっては心臓CTと呼ばれています。

心臓MRI検査

強力な磁石でできたドーム型の医療機器に入り、身体の断面図を画像化する検査です。主に、心臓の筋肉の状態を確認するのに行います。

心カテーテル検査

足の付け根にある太い血管から管を挿入して、心臓の血管の状態を観察します。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示