がん検診

子宮頸がん検診は痛い? ストレスを受けることなく受けるコツを紹介

20歳代、30歳代で増加する子宮頸がんは、自覚症状が乏しいため、定期的な検診が有効です。子宮頸がん検診ではほとんどのケースで内診が行われます。出産未経験で婦人科を訪れたことのない女性に先行しがちなのは、「子宮頸がん検診は痛そう」というイメ...
PET検査

PET検査の副作用と注意点 - 検査直後は妊婦・子どもの接触は控えること

PET検査は肺がん、乳がん、大腸がんなど多くの病気の診断に有効であることが近年の研究で証明されてきています。一度の検査でほぼ全身のがんを調べることができ、1cm程度の比較的小さながんも検出できるため、人間ドックのプランにPET検査を導入す...
がん検診

婦人科検診は痛い? – 検査の過程を知ってストレス軽減!

婦人科検診では、乳がん、子宮頸がん、子宮体がん、そのほかの子宮や卵巣の病気を見つけることができます。婦人科検診未経験の女性に先行しがちなのは、「婦人科検診は痛そう」というイメージです。この記事では、各検査の工程から違和感の起こりやすいポイ...
がん検診

婦人科検診の検査内容と費用-なるべく費用を抑える方法も解説

婦人科検診は、おもに婦人科領域(子宮、卵巣)の病気を発見するものを指しますが、最近は乳腺科領域の病気(乳がんなど)も含めて婦人科検診と呼ぶことが多くなっています。婦人科検診として、市区町村や企業(職場)の健康保険組合が実施する検診のほか、...
がん検診

胃カメラが苦しくて痛いのは過去の話? ラクに受ける4つのコツを紹介

胃カメラを受けたことがない方や、10年以上受けていない方ほど「胃カメラは苦しい・痛い」というイメージが強いです。しかし、内視鏡検査の方法や技術は年々改良されており、「痛くないラクな胃カメラ」を受けることができるようになっているのをご存知で...
がん検診

胃カメラの費用から検査内容まで詳しく解説! 受診時の不快感を減らすコツも紹介

「胃カメラ(胃内視鏡検査)」というと口からチューブを入れることに抵抗を感じてしまう方もいると思いますが、胃カメラは早期がんを発見するのに適した検査です。近年は痛みを減らす工夫をしている医療施設が増えており、鼻からチューブを入れたり、鎮静剤...
PET検査

PET-CTとPETの違い-費用や医療施設選びのポイントなども解説

PET-CT検査は、全身のがんを一度でスクリーニングできるため、早期発見・早期治療に役立ちます。ただし、見つけるのが得意ながんと苦手ながんがあるので、検査を受けるときには「組み合わせ」が重要になってきます。また、CTを使うため放射線の被曝...
がん検診

大腸がん検診まとめ-費用・検査方法・頻度を解説

2020年の大腸がん罹患予測数は15万8500例とすべてのがんの中でもっとも多く、高齢化にともない今後も増えていくことが予測されます。大腸がんが原因で亡くなる方は年間5万人以上にのぼり、女性では部位別がん死亡数第1位、男性も肺がんに次いで...
がん検診

便潜血検査2日法とは? 精度や検査結果の見方も解説

「便潜血検査(便潜血検査2日法)」は自治体の大腸がん検診や人間ドックなどで、大腸がんの疑いがあるかどうかをスクリーニング(ふるい分け)するために実施されている検査です。この記事では、便潜血検査を受けようか迷っている方に向けて、大腸がんの危...
がん検診

子宮がん検診の内容と検査方法-服装の注意点も解説

女性特有の疾患のひとつである子宮がんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」がありますが、「子宮がん検診」で一般的に行われるのは子宮頸がんの検査です。子宮がんの検査を受ける目的や検査の種類、検査を受けるときの服装について解説します。 ★こ...
タイトルとURLをコピーしました