2015.7.30

静かに進行する動脈硬化!? 脂質異常が起こるメカニズム

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。

判断基準は、血中のコレステロール値

動脈硬化 血液中には、脂質異常に関わる主に2種類の物質が存在している。コレステロールと中性脂肪だ。脂質異常症とは、血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪が基準よりも多い状態をいう。

コレステロールには、HDLコレステロールとLDLコレステロールがある。
前者は、善玉コレステロールとも呼ばれ、脂質異常による動脈硬化などを防ぐ役割を担っている。後者は、悪玉コレステロールとも呼ばれ、脂質異常による動脈硬化などの原因となっている。実は、善玉と悪玉は全く同じコレステロール。体の隅々までコレステロールを運んでいるものを「悪玉」、一方、体から余分なコレステレロールを回収しているものを「善玉」と呼んでいるに過ぎない。

この両者の値が基準値から外れたときに、脂質異常症を発症する。その結果、全身の動脈硬化が進行し、最終的には脳梗塞や心筋梗塞といったシビアな病気を引き起こすこともあるのだ。

また厄介なことに、脂質異常症というのは自覚症状に乏しいため、気づいたときには、動脈硬化がかなり進行しているケースも珍しくはない。そういったことから、血液検査によって、定期的に脂質の状態をチェックしておくことは重要といえる。

・全国の脳血管疾患(脳梗塞・脳卒中)検査が受診できるプランをお探しならこちら>
・全国の心臓病(狭心症・心筋梗塞など)の検査が受診できるプランをお探しならこちら>

脂質異常症の基準値(空腹時採血による数値)について

  • 高LDLコレステロール血症:LDLコレステロール値 140mg/dl以上
  • 境界域LDLコレステロール血症:LDLコレステロール 120~139mg/dl以上
  • 低HDLコレステロール血症:HDLコレステロール血症 40mg/dl未満
  • (日本動脈硬化学会「動脈硬化症疾患予防ガイドライン」2012年版より引用)

上記のように、脂質異常症には「悪玉(LDL)コレステロールが多い場合」と「善玉(HDL)コレステロールが少ない場合」と「中性脂肪が多い場合」の三つのタイプがある。診断基準に示した数値が基本となるが、喫煙歴、高血圧や糖尿病の合併の有無、家族歴などの危険因子がある場合、脂質異常症のリスクは高くなる。

では、それぞれの値が異常値を示した場合、脂質異常症以外の病気も考えられるのだろうか。

・脳血管疾患(脳梗塞・脳卒中)の検査が可能な全国の医療施設をお探しの方はこちら>
・心臓病(狭心症・心筋梗塞など)の検査が可能な全国の医療施設をお探しの方はこちら>

検査結果から見えてくる病気

血液検査の結果、脂質の値が高いと甲状腺機能低下症という病気も考えられる。甲状腺は脂質の代謝もコントロールしているため、その機能が低下するとコレステロールが血液中に残存してしまうのだ。

逆に、甲状腺機能低下症であると、LDLコレステロールが低値を示すこととなる。この場合、甲状腺に対する治療が必要になる。

ただし、睡眠や運動の不足、それから喫煙などが脂質異常の原因である場合は、そうした生活習慣を改善することで、症状も緩和されていく。同時に、油脂類を多く含む食材を避け、キノコや野菜、青魚を中心とした食生活に切り替えることが望ましいといえる。

・人間ドックを受診可能な全国の医療施設をお探しの方はこちら>

人間ドックについて詳しく知りたい方

以外と知らない!人間ドックの詳細はこちら

Colorda編集部