人間ドックのマーソ
メニューを閉じる 無料会員登録 日本专业医疗旅游预约网站|MRSO

最大3.5%貯まる!使える!

人間ドック・健診Q&A

人間ドックがすいている時期は?

Answer

比較的すいているのは、1~5月ごろです。

すいている時期と混んでいる時期

人間ドックは自由診療であり、個人が受けたいときに受けるものです。そのため、人間ドックの明確な閑散期があるわけではありませんが、比較的、仕事が忙しい年度末や年度初めにあたる1~5月ごろは、受ける人が少なくなる傾向があります。

一方、比較的混んでいるのは9~12月。新年度が落ち着き、夏季休暇が終わり、気温が落ち着いてきた時期に受診者が増えます。企業の健康診断の時期に決まりはありませんが、健康診断をこの時期に行っている企業が多い点も、混雑する要因になっているのでしょう。

すいている時期に受けるメリット

すいている時期に人間ドックを申し込むと、希望日の予約が取りやすく、また急な日程変更でも、希望が通りやすくなります。人間ドック当日も人が少ないため待ち時間が少なく、ゆったりと受診することができます。閑散期に料金の割引を行う医療機関もあります。

すいている時期に受ける注意点

人間ドックは1年に1回、同じ時期に受けることが推奨されています。受診時期をずらすことで、前回との間隔が短すぎたり、長すぎたりしないよう、調整しましょう。

また、1~3月は気温が低いため、血圧が変動しやすくなります。時間に余裕を持って受診場所に行き、心身ともに落ち着いた状態で受診するようにしましょう。

この記事の監修ドクター

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。
人間ドック健診のご相談はこちらから

マーソで開催中の特集

PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示