2018.4.26

PET検査でわかること、わからないこと【はじめてのPET検査 vol.2】

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。

PET検査とは?


PET(ペット)検査とは、がん細胞が正常の細胞と比較して3〜8倍のブドウ糖を取り込むというがんの性質を利用し、ブドウ糖に類似した薬剤「18F-FDG」を投与することでがんをマーキングし可視化する検査だ。この「18F-FDG」は、ブドウ糖に似ている「FDG」という物質に、目印の役割を果たす放射線を発するフッ素「18F(フッ素18)」をつけたもの。それがどのように全身へと分布していくのかをPET検査では観察する。血流に乗った薬剤「F18-FDG」は、糖をエネルギーとして大量に消費している組織へと集積していく。それこそが、がんなのだ。一方、正常よりも活動量が低下している組織を検出することもできる。詳しくは、『PET(ペット)検査とは? 【はじめてのPET検査 vol.1】』をチェックしてほしい。

PET検査は、今までの検査では見つけられなかった小さながんも見つけられ、病変の早期発見に役立てることができるが、がんの種類によっては見つけられないものもある。

PET検査でわかるがん

PET検査は、肺がんや甲状腺がんの検出に優れた検査だ。これらの臓器は、悪性腫瘍が発生した際に、ブドウ糖の集積が顕著となる。その他、子宮がんや卵巣がん、悪性リンパ腫なども見つけることができる。

また、がん以外の病気も見つけることができる。心筋梗塞や狭心症では、心臓の血管が詰まったり、狭くなったりしているため、血流量が低下するとともに、ブドウ糖の集積も減少するため、PET検査の結果で見つけることができる。

このようにPET検査では、がんという悪性腫瘍だけでなく、血管の異常に付随する病気の検出にも有用といえる。

PET検査でわからないがん

PET検査が苦手とするのは、そもそもブドウ糖の消費が多い臓器のがんを調べることだ。たとえば、脳や心臓は、正常でもブドウ糖の消費が活発であるため、検査の際もブドウ糖の高い集積を認める。それだけに、脳や心臓にできたがんを検出することは難しい。

また、腎臓や膀胱といった泌尿器は、PET検査のために投与した薬剤、特殊なブドウ糖を排泄する臓器であるため、これらにできたがんも検出することは困難だ。

そのほか、炎症が生じている臓器も、PET検査の精度を下げる。たとえば、肺に炎症が生じている場合、肺は多量のエネルギーを必要としている。その際、エネルギー源となるのがブドウ糖であるため、PET検査でブドウ糖の高い集積が確認されてしまうのだ。PET検査はあくまでブドウ糖がどれだけ集まっているかを調べるものであるため、それが炎症によるものなのか、あるいはがんによるものなのかを判別することは困難となる。しかし、がんと身体の異常を見つける手がかりになることは間違いない。

PETが不得意とする部位をフォローし、より精度の高い診断結果を得るために、CTやMRIといった画像検査や血液検査を合わせて行うことをおすすめする。


Colorda編集部