2015.6.11
PET検診

がんの早期発見に有効なPET検診とは?

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。

全身のがんを発見できるPET検査

PET検診 がん日本人の2人に1人が患うと言われているがんは、早期発見が肝心だ。勤務先が行う健康診断や人間ドックによって発見することもできるが、PET検診では一度の検査で全身のがんを発見することも可能である。

PET検診は、がん細胞が通常の細胞の3~20倍にも及ぶブドウ糖を摂取するという性質を利用した検査だ。ブドウ糖に近い成分が含まれている検査薬を体内に注入し、がん細胞に検査薬が集まることでがんを特定するのだ。検査薬には放射能に反応する成分が組み込まれており、小さながん病変でも、画像診断で確認することができる。レントゲンやCTなどで発見ができないような1センチ以下のがんや、転移したがんも同時に発見できる点も特徴だ。

PET検診の検診方法

医療機関ごとに内容は若干違うが、一般的な検査の流れは次のようになっている。

検査当日は約6時間前からの絶食が必要だ。検査薬を注射後、全身に薬剤をいきわたらせるために1時間程度、安静にする。次にPETカメラで全身を細かく撮影するのだが、所要時間は30分程度。その間、ただ横たわっているだけでいい。受診の際、身体への負担が少ないのも魅力だ。

通常PET検診では、肺がん、甲状腺がん、食道がんや子宮がん、卵巣がんといったがんが発見されることが多いが、がんの種類によっては発見が困難な場合もある。胃がんや胆道がんは、臓器に検査薬が集まりにくいため発見しづらい。また正常な状態でも検査薬が集まってしまう心臓、腎臓、脳や前立腺におけるがんも発見が困難であり、がんのすべてがPET検診でわかるわけではない。そのため、MRIやCTといったほかの検査と同時に行い、細かい分析をすることで、がん発見の精度を高めることになる。

アルツハイマー型認知症の発症発見にも

PET検査薬は正常な働きをしている脳には吸収されるが、アルツハイマー型認知症を発症している場合は検査薬が集まりにくいため、この検査で発症を疑うことが可能なのだ。また、心筋梗塞も発見できる。正常な心筋のエネルギー源は脂肪酸なのに対し、異常がある心筋ではブドウ糖をエネルギー源とするため、検査薬の吸収量によって心筋梗塞を発見できる。

PET検診の費用は、医療施設毎に異なるものの、だいたい10~15万円程度。がんやアルツハイマー型認知症、心筋梗塞の早期発見のために、数年に一度は受けておきたいものだ。


Colorda編集部