2017.9.7
更年期障害を調べるオプション

人間ドックのオプション、更年期障害を調べる血液検査「E2」と「FSH」

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
大町病院 内科医
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。

40代から気をつけたい、エストロゲンの分泌量がカギを握る更年期障害

人間ドックを受診する際は、受診者それぞれが気になる部位や病気リスクをより詳細に調べることができるオプション検査をぜひ活用してほしい。血液検査やMRI、CT、マンモグラフィーやエコー、内視鏡などの画像診断など、医療施設によってさまざまな種類がある。今回は、40代から50代の女性に有効な、更年期障害を調べる血液検査「E2」と「FSH」(Follicle-Stimulating Hormone、卵胞刺激ホルモン)を紹介する。

更年期障害とは、卵巣機能低下に伴うエストロゲンの減少がおもな原因となって現れる体調不良、不定愁訴(ふていしゅうそ)の総称である。その症状は、頭痛、疲労感、抑鬱や焦燥感、手足のしびれや耳鳴りなど、精神神経症状から知覚神経症状まで多岐に渡る。器質的疾患がないにも関わらず、自律神経失調を中心としたさまざまな症状が出現するのが特徴だ。病気の原因が明確でないため、焦りや苛立ちはさらに悪化していく。そんな更年期障害の診断には、血液検査が役立つ。調べる数値はおもに「E2」と「FSH」のふたつだ。

更年期障害になると減少する物質「E2」

女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、卵巣における排卵を制御したり、乳腺細胞の増殖を促したりするなど、重要な生殖機能の一端を担っているホルモンであるだけでなく、自律神経の制御にも関係している。エストロゲンのおもな構成要素は、E2(エストラジオール17β)という物質で、このE2は、閉経を迎えると血中濃度が低下する。つまり、エストロゲンの産生も低下するため、更年期障害では、生殖機能の低下、自律神経系のさまざまな不調が引き起こされる。

更年期障害で高値を示す「卵胞刺激ホルモンFSH」

FSHは、卵巣の発育や生殖機能を高めるホルモンであり、卵巣機能が低下すると血中濃度が上昇する。つまり、血液検査によってFSHの値が高まっている場合は、更年期障害によってエストロゲンの産生が抑制され、卵巣機能が低下している可能性が高いと判断できるのだ。

更年期障害の治療法とは?

更年期障害の症状は、重症度も継続期間も個々によって大きく異なる。そのため、自覚症状がない人もいれば、治療を必要とするほど症状が強く現れる人もいる。後者のケースでは、第一選択として、ホルモン補充療法(HRT)が行われることが多い。欠乏しているエストロゲンを投与することで、更年期障害による症状を安定させる。ただし、エストロゲンには子宮内膜の増殖やエストロゲン依存性腫瘍の発生など、いくつかリスクもあるため、副作用や禁忌症については事前にきちんと理解しておく必要がある。

原因不明の体調不良に悩んでいる女性は、血液検査を一度受けてみることをおすすめする。また、早めに検査を受けて、数値の変化をみながら生活習慣の改善など、更年期障害の予防に努めてもよいだろう。


Colorda編集部