人間ドックのマーソ

Tポイント最大5%貯まる!使える!

メニューを閉じる

人間ドック受診医療施設・プランを探す

人間ドックで見つかる病気


00025976_350A
人間ドックで見つかる病気はさまざまあります。その中でも特に、がんや生活習慣病が多くなっています。
これは現在日本の3大死因(がん、心臓疾患、脳血管疾患)からもわかる通り、人間ドックが「がん」「心臓疾患」「脳血管疾患」などの疾患を早期に見つけるために実施されているからです。
具体的に異常が見つかりやすい病気を例として挙げてみましょう。

○高血圧症
生活習慣病のひとつです。血圧が正常な状態を超えている高い状態のまま維持されている症状をいいます。

○高脂血症
血液中に含まれる脂質の割合が高い状態をいいます。自覚症状がないのが特徴です。

○糖尿病
血糖値が高くなる病気です。円滑にブドウ糖を取り入れられない病気です。

○がん
一般に悪性腫瘍とも呼ばれる病気です。正常な細胞であればある一定のサイズで停止する機能が失われて無限増殖します。増殖をしならが生きる上で必要な細胞を壊し続けながら悪さをする細胞の集まりです。

○肝炎
肝臓が炎症起こしている状態です。炎症が起きていることで、血液が臓器内に上手く運搬されず肝臓の細胞が壊れてきます。この状態のことを肝炎と呼びます。

○痛風
血液中の尿酸が高い濃度で集まって結晶化して、身体に痛みを与えている状態です。

○貧血
血液が薄くなった状態をいいます。血液中に含まれる赤血球やその中に含まれる酸素を運搬するヘモグロビン量が減っている状態です。これによって血液量は十分にあっても栄養分や酸素を運ぶのに効率が下がる状態のため、くらくらすることがあります。

○不整脈
心拍数やそのリズムが一定ではない状態をいいます。これによって引き起こされる症状は、めまいや動悸、息切れ、胸痛です。自覚症状を伴わない不整脈もあり検査をしなければ発見できないことがあります。

上記のように、生活習慣が要因であると言われているものが多くなっています。病気の原因は「環境」、「遺伝」、そして「生活習慣」が深く関係します。

人間ドックは身体の健康状態を総合的に診断し、潜在している病気の発見や、現在の生活習慣を改善することで病気を予防するために受けます。
人間ドックを受け、結果として病気が見つからなくても、現在の生活習慣を見直すきっかけになり、将来の健康保持に役立てることができます。
健康状態の変化や把握のために、また健康保持のために、定期的に人間ドックを受けることをオススメ致します。
MRSOではこれらの早期発見を気づかせてくれる人間ドックの情報や医療機関を紹介しています。


医療施設を探そう

人間ドックが受診できる医療施設を探しましょう。予約数が多い施設から探す「予約数順から探す」、
エリアから探す「都道府県で医療施設を探す」「プランを詳細検索する」の3つの切り口から探すことが出来ます。

人間ドックの医療施設を都道府県から探す
マーソは厚生労働省、がん対策推進 企業アクションに参画しています。がん検診受診の大切さを呼びかけることにより、受診率50%以上をめざします。
中文电话对应窗口
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示
マーソコンシェルジュ
予約専用ダイヤルはこちら
予約カレンダー