2018.5.11

もし、がんと診断されたときへの備え。「情報収集のポイント10」を知っておこう

上 昌広(かみ まさひろ)
この記事の監修ドクター
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
医学博士、星槎大学 客員教授、相馬市健康対策専門部会委員、相馬市放射能対策アドバイザー
山本 佳奈(やまもと かな)
この記事の監修ドクター
医療ガバナンス研究所 研究員
内科医として勤務する傍、「女性の総合医」を目指し日々研鑽する。
自身の貧血体験から大学時代より上昌広氏を師事。

自分にとって本当に役立つ情報の集め方


がんへの備えは、日頃の体調管理と定期的なチェックが基本だ。しかし、それでもがんを患うこともある。そんなとき、焦らず最適な治療を選ぶためには的確な情報収集が必要だ。がんの情報を収集するときは、ただ闇雲に情報を集めればいいというものではない。参考にして欲しい10のポイントを紹介する。

1.情報は力。活用しよう

まず大前提として、がんの治療をしていくために、情報収集は大切なこと。集めた情報は病気や検査、治療法の判断材料になったり、療養生活の不安を和らげてくれたりするので活用しよう(※1)。

2.必要な情報は何かを考えよう

がんと診断された場合、時期によって必要とする情報は違う。自分にとって今一番必要な情報は何かを、メモなどをしながら頭の中を整理し、それに合う情報を探そう。

3.担当医とよく話しあおう

担当医は、誰よりもその患者のがんの状態を知っていて、その状態に適した情報を与えてくれる存在だ。しっかりその情報を理解するためにも、何回かに分けて相談し、自分に合う治療法について一緒に考えてもらおう。

4.セカンドオピニオンを活用しよう

担当医以外の医師から意見を聞く「セカンドオピニオン」は、今の担当医と違う治療方針を提案してもらえたり、逆に今の治療方針に納得するきっかけとなることもある。

5.医師以外の医療スタッフにも相談しよう

担当医には直接相談しにくいことは、看護婦、ソーシャルワーカー、薬剤師、栄養士といった医療スタッフに相談してみよう。

6.がん相談支援センターを活用しよう

情報の探し方がわからない、そんなときは、がん診療連携拠点病院などにあるがん相談支援センターなどの相談窓口に相談してみると、問題が整理できることもあるので活用しよう。

7.インターネットで情報収集しよう

インターネットを活用すると、たくさんの情報を手に入れることができる。しかし、なかには偏りがあったり、不正確だったり、事実ではない内容もあるので、信憑性が高い情報源のものを選ぶ、判断する必要がある。

信憑性が高いサイトの一例を挙げてみる。
国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」
(公財)先端医療復興財団「がん情報サイト」

8.情報の信憑性を判断しよう

手に入れた情報が本当に正しいかどうか、その情報が自分自身に当てはまるかどうかを判断するときには、複数の情報を照らし合わせ多角的に考えたり、担当医や専門家に確認したりして判断しよう。

9.利用する前によく考えよう

健康食品や補完代替療法で、がんへの効果が証明されたものは、ほぼない。利用する前に一度立ち止まってよく考えよう。

10.周囲の意見を聞こう

家族や友人、患者仲間も、療養生活を送る上での知恵や情報などを提供してくれる心強い存在なので、自分が集めた情報をもとに行動をおこす前に、相談してみるといいだろう。ただ、その情報全てが自分のケースに当てはまるわけでもないので注意が必要だ。

上記のような情報は、国立がん研究センターがん情報サービスの「がんになったら手にとるガイド」で公開されている(※2)。是非参考にしてほしい。

■ 出典
※1 国立研究開発法人国立がん研究センター がん対策情報センター「がんになったら手にとるガイド」 「“がん”と言われたとき」 「情報を集めましょう」

※2 国立研究開発法人国立がん研究センター がん対策情報センター「がんになったら手にとるガイド」

※本記事は、特定の保険会社や保険商品について推奨するものではありません。


Colorda編集部
  •