2018.8.31

30歳代の保険加入率は84.2%! 加入のきっかけは「結婚」「出産」

ライフステージの変化が保険加入に影響!?


生命保険文化センターの調査によると、30歳代の生命保険・個人年金保険の加入率は84.2%。男性で85.5%、女性で83.3%と、なんらかの保険に加入している人が多い(※1)。

加入のきっかけは男女合計で見ると、「家族や友人などにすすめられて」が最も多く28.2%、「結婚をしたので」24.1%が僅差で続く。以下「子どもが誕生したので」18.6%、「就職をしたので」16.4%、「営業職員や窓口ですすめられて」11.6%の順。30歳代は、結婚、出産などライフステージの変化により保険に加入する人が増えてくる年代のようだ(※2)。

自分に合ったがん保険選びはできていますか? 無料相談はこちら>

支払い保険料は、月1〜2万円未満が一般的

30歳代はどのくらい保険にお金をかけているのだろうか? 年間で支払っている保険料は、男性の方がやや高額の保険料を支払っている傾向があるが、男女でそれほど差がない。生命保険文化センターの年間払込保険料の調査結果では、30歳代の男性は12万円未満が27.8%、12〜24万円未満が38.3%、24〜36万円未満が14.5%、36〜48万円未満が7.5%、48〜60万円未満が1.3%、60万円以上が3.1%となっている(※3)。

女性の場合は、12万円未満が40.6%、12〜24万円未満が36.4%、24〜36万円未満が13.4%、36〜48万円未満が2.6%、48〜60万円未満が1.6%、60万円以上が2.6%となっている(※3)。

「万一死亡した時のため」に保険に入る男性、「ケガや病気をした時のため」に保険に入る女性

保険の加入目的には男女で明らかな差がある。男性は「万一死亡した時のため」がもっとも多く39.9%、次に僅差で「ケガや病気になった際の医療費のため」が36.3%だが、女性は「ケガや病気になった際の医療費のため」が圧倒的に多く58.9%、次いで「万一死亡した時のため」16.9%だ。(※4)30歳代男性は働き盛りで、一家の大黒柱の人も多いだろう。そんな理由からか、男性の方が死亡した際の心配をしているようだ。

またほかには、「ケガや病気で収入が途絶えた時のため」や「老後の生活資金のため」「貯蓄のため」に保険に加入している人もいる(※4)。

自分に合ったがん保険選びはできていますか? 無料相談はこちら>

実際に聞いてみた! 保険に入っている人・入っていない人のご意見(Colorda編集部調べ)

保険に加入している人の意見を聞いてみた。

子どもができたので保険に。僕に何かあったら家族が苦労しますから。

もともと保険には入っていたのですが、子どもができたときに、死亡保障を手厚くしました。我が家は共働きですが、僕に何かあったら妻も子どもも大変ですからね。あと、昨年オヤジが肺がんを患ったんで、がん保険にも入りました。入院費とかばかにならなくって。保険の給付金に助けられたって母親が言っていたので、万が一のときのためにね。【男性・37歳】

老後の資金を貯めるため、万が一のがんのためにと手厚く入っています。

30歳を機に、いろいろ保険に入りました。我が家は共働きで子どもがいないので、わたしが死んでも旦那さんの生活が困ることはさほどないと思うんですが、老後のお金には不安があるので、貯蓄を兼ねた終身保険や個人年金保険などを複数入っています。また、女性はがんが心配なので、20代からがん保険と医療保険は両方入っていますね。5年前に父が食道がんを患って、看病やら支払いやらで家族が大変な思いをしたので、保険は入っておいたほうがいいなと痛感しています。【女性・38歳】

保険に加入していない人の意見を聞いてみた。

独身だから、どうなってもいいかなって。

結婚もしていないし、子どももいないので、僕が病気になったり死んだりしても、誰も困らないかなと思い、まだ保険に入っていないんですよね。でも、健康診断の結果も不安だし、とりあえず医療保険は入ろうかな。【男性・33歳】

20代で子宮頸がんを患ってしまって。保険に入れていないんです。

もしかしたら、今ならどこか保険に入れるのかもしれませんが、20代前半でがんを患ってしまい、病気をしたら保険に加入できなくなると聞いていたので、そのままになっています。できれば、保険に入りたいですね。【女性・39歳】

健康なうちに検討したい保険

30歳代は8割以上がなんらかの保険に加入している状況だ(※1)。まだ保険に入っていないという人は一度、保険について考えてみよう。独身でも、子どもがいなくても、病気やケガのリスクは誰にでもあるし、入院で働けなくなったときのお金の備えは必要だ。また、一度、病気を患うと保険に入れなくなったり、入れたとしても保険料が割高になったり、保障範囲に制限がかかったりする場合があるので、保険に加入するなら健康なうちがおすすめだ。

自分にあったがん保険を専門家に相談しませんか? 無料相談はこちら>

■出典
※1 公益財団法人生命保険文化センター 「生活保障に関する調査」 調査結果一覧-2(Excelファイル)平成28年度「生活保障に関する調査」(平成28年12月発行) 第Ⅵ章 生命保険の加入状況 生命保険・個人年金保険加入率
※2 公益財団法人生命保険文化センター 「生活保障に関する調査」 調査結果一覧-2(Excelファイル)平成28年度「生活保障に関する調査」(平成28年12月発行) 第Ⅵ章 生命保険の加入状況 直近加入契約の加入のきっかけ
※3 公益財団法人生命保険文化センター 「生活保障に関する調査」 調査結果一覧-2(Excelファイル)平成28年度「生活保障に関する調査」(平成28年12月発行) 第Ⅵ章 生命保険の加入状況 年間払込保険料(全生保)
※4 公益財団法人生命保険文化センター 「生活保障に関する調査」 調査結果一覧-2(Excelファイル)平成28年度「生活保障に関する調査」(平成28年12月発行) 第Ⅵ章 生命保険の加入状況 直近加入契約の加入目的

※本記事は、特定の保険会社や保険商品について推奨するものではありません。
AFH290-2018-5197 7月23日(190723)


Colorda編集部
  •