胃カメラの費用から検査内容まで詳しく解説! 受診時の不快感を減らすコツも紹介

こちらの記事の監修医師
上昌広

医師。1993年東京大学医学部卒。1999年同大学院修了。医学博士。2016年より特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長。

山本 佳奈
     

内科医。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員

胃カメラ 費用 がん検診

「胃カメラ(胃内視鏡検査)」というと口からチューブを入れることに抵抗を感じてしまう方もいると思いますが、胃カメラは早期がんを発見するのに適した検査です。近年は痛みを減らす工夫をしている医療施設が増えており、鼻からチューブを入れたり、鎮静剤を使ったりすることで、バリウム検査よりも身体への負担を少なくすることが可能です。検査費用はバリウム検査よりわずかに高くなっており、保険適用外だと1万2000円前後が相場ですが、鎮静剤の使用や検査方法などでも変わります。

この記事では胃カメラの検査内容や費用などに加えて、自分に合う医療施設の選び方について詳しくまとめました。

★こんな人に読んでほしい!
・胃痛、胃もたれなどの症状があり、不安になっている
・胃カメラを受けようか迷っており、メリット・デメリットを知りたい方
・胃カメラの検査内容と費用を知りたい方

★この記事のポイント
・胃がんの罹患率は日本人のがんの中で第2位、死亡率は第3位
・早期胃がんは症状が現れにくいため、40代後半を過ぎたら定期的に胃がん検診(とくに胃カメラ)を受けたほうがよい
・胃カメラの費用相場は10割負担で1万2000円程度(鎮静剤の使用などで変わる)
・確かな技術を持つ医師に胃カメラを行ってもらうなら「内視鏡専門医(とくに胃カメラ専門)がいる施設」「内視鏡検査を専門にしている施設」がよい
・痛みの少ない胃カメラを受けられる施設を探すなら「鎮静剤・鎮痛剤が使用できる施設」「炭酸ガス送気装置を導入している施設」がよい

胃がん検診を受ける意義

胃がんは死亡率が低下傾向に。早期発見・早期治療が大切

胃がんは日本人がかかるがんの中で大腸に次いで2番目に多く、死亡率は3番目に高いです*2。以前は「がんといえば胃がん」というイメージを持っていた方もいるかもしれませんが、近年はピロリ菌の減少や治療技術の向上のおかげで胃がんの死亡率は減少してきています。早期がんであれば予後もよく、国立がん研究センターの報告によるとステージⅠの胃がんの5年生存率は9割以上です*3

早期がんの段階で発見・治療するためには、定期的に胃カメラ(胃内視鏡検査)やバリウム検査などで胃の検査をすることが大切です。早期がんは症状が現れにくいため、みぞおちの痛みや不快感、嘔吐、お腹の張りが続くといった不調が現れてからではがんが進行していて治療が困難になることもあります。

胃カメラ(胃部内視鏡検査)とは、喉の奥に麻酔のスプレーをして鼻や口から内視鏡チューブを挿入して食道、胃、十二指腸の内部を直接観察する検査です。一方バリウム検査(胃X線検査)は、放射線をあてて胃の粘膜の形状を観察します。粘膜を見えやすくするために発泡剤やバリウムを飲んで検査します。

40代後半以降から徐々に胃がんになる割合が増え始め、とくに男性に多い傾向があります*450代以上の方で胃痛や胃もたれをしやすい方、その他胃がんの発症リスク(喫煙や塩分の摂り過ぎなど)を抱えている方は積極的に「胃がん検診」を受けましょう。

胃がん発見には胃カメラとバリウム検査が有効

胃がんによる死亡率を減少させる明らかな科学的根拠があるのは、胃カメラ(胃内視鏡検査)とバリウム検査のみです(2021年1月時点)*5。胃カメラによる検診受診者は未受診者に比べて胃がん死亡率が47%減少したという報告もあります*5*6

胃がんの原因であるピロリ菌感染の有無を調べる「ヘリコバクター・ピロリ抗体検査」、胃粘膜の萎縮度を調べる「ペプシノゲン検査」、これら2つを組み合わせた「ABC検査」については、いずれも胃がんの発症リスクを評価するには有効ですが、死亡率を減少させる明確なデータは示されていません。また、カプセル内視鏡で手軽で痛みの少ないイメージがあるカプセル内視鏡も、残念ながら胃がん検診には適していません。現在日本で保険適用になっているのは小腸用と大腸用のみで、おもに小腸の病気を見つけるのに適していると言われています。

胃カメラの有効性が明らかになったことを受けて、2018年4月以降、自治体によっては検診で胃カメラを選択できるようになってきています*1。ただし、対象は50歳以上の男女で頻度は2年に1回と制限されている場合が多いです。一方で、従来の検診法であるバリウム検査は当分の間40歳以上の男女を対象に年1回実施されます。検診内容は自治体によって異なる場合があるため、詳細は自治体のWebサイトや窓口でご確認ください。

胃カメラとバリウムどちらがおすすめ? それぞれのメリットとデメリット

胃カメラとバリウム検査の特徴の違い

胃カメラ(胃内視鏡検査)は胃の粘膜を直接見るため早期胃がんの発見確率が高く、バリウム検査は胃の粘膜の全体像を観察できるという特徴があります。

胃カメラは、先端に小型カメラとライトがついた細い管を口や鼻から挿入する検査で、必要に応じて検査中に組織を採取することもあります。医師がカメラのモニターを見ながら食道、胃、十二指腸の粘膜を直接観察しており、1cm以下の小さながんも見つけられることがあります。異常が見つかった場合、その場で組織を採取して病理診断をすることもできるので、その後の診断や治療がスムーズです。

バリウム検査は、胃の粘膜を見やすくするバリウム造影剤、胃の内部を広げる発泡剤を飲んで食道、胃、十二指腸の全体像を観察する検査です。胃の粘膜にバリウムをきれいに付着させるために検査台の上で体勢を変えながら検査します。進行がんである「スキルス胃がん」を見つけやすいという強みはありますが、全体像を見ているため、サイズの小さい早期病変は見つけにくいです。

このように、それぞれ得意分野が異なる胃カメラとバリウム検査ですが、早期発見という観点では胃カメラがより適していると言えます。

胃カメラとバリウム検査のメリット・デメリット

胃カメラ(胃内視鏡検査)バリウム検査
メリット・直接病変を確認できる
・小さいがんを発見しやすい
・その場で組織を採集ができるため検査後の診断・治療が早い
・食道がんの発見がしやすい
・ピロリ菌の感染の有無がわかる
・麻酔を使用すれば検査時の身体的苦痛が少ない
・胃の全体像を観察できる
・進行がんであるスキルス胃がんを発見しやすい
デメリット・費用がバリウム検査と比較して若干高い
・確率は非常に低いが、咽頭麻酔によるショックや穿孔・出血のリスクがある
・口から内視鏡を入れる場合、咽頭反射(嗚咽)が起こりやすい
・鼻から内視鏡を入れる場合、鼻血が出ることがある
・薬剤によるアレルギー反応が生じる可能性がある
・麻酔を使用する場合は検査時間が長くなる
・麻酔を使用する場合、検査後に車の運転は禁止
・被曝がある
・小さな病変を発見しにくい
・胃カメラに比べて食道がんの発見精度が低い
・異常が見つかった場合、内視鏡検査を受ける必要があるため二度手間になる
・検査後に下剤を飲む負担が大きい
・前日から当日までの身体的負担が大きい
・バリウムを飲み込むのが大変
・検査時、発泡剤を飲みゲップを我慢する必要があり身体的負担が大きい

表の通り、胃カメラとバリウム検査ともに身体への負担はありますが、胃カメラで得られるメリットのほうが大きいことがわかります。内視鏡検査時の苦しさについては、口からではなく鼻からチューブを挿入する経鼻内視鏡検査にしたり、麻酔を使用したりすることで緩和されるため、バリウム検査に比べて受けやすい検査と言えます。これを踏まえ、選択の考え方として重要なポイントを3点解説していきます。

1)バリウム検査で異常が見つかった場合は、胃カメラで精密検査をするため二度手間になる

バリウム検査を受けてポリープなどがんを疑うものがあった場合、基本的には精密検査として胃カメラで組織の採取が行われます。はじめから胃カメラを受けていれば、二度手間を省くことができ、診断が確定するまでの時間も短縮することができます

2)胃カメラは食道や十二指腸も詳細に観察できる

胃カメラのほうが食道、喉頭、咽頭など胃以外の部分をていねいに調べることができます。事実、早期食道がんの85%が胃カメラで見つかっているのに対して、バリウム検査では11.2%と劣ります。バリウム検査でも食道は見ていますが、バリウムを飲み込む一瞬しか捉えていないため、胃カメラに比べると観察が十分にできない場合が多いです*6*7

3)胃カメラではピロリ菌の感染検査を同時に受けられる場合もある

ピロリ菌の感染を調べる方法は、採血以外にも内視鏡下で生検(胃粘膜組織の一部を採取して調べる)を行う方法があります。医療施設によっては、胃カメラの検査を受けるのと同時にピロリ菌の感染検査(迅速ウレアーゼ試験、培養法、鏡検法など)を受けられることがあります。

下記に当てはまる方は、とくに胃カメラをおすすめします。

  • 50代以上の方(とくに男性)
  • 身内に胃がんになった方がいる方
  • 胃もたれや胃の痛みなど胃の不調が起きやすい方
  • 食道がんの発症リスク因子(アルコールの過剰摂取、たばこ、流動性食道炎など)がある方
  • いつもバリウム検査でひっかかり、胃カメラでの精密検査が必要になる方

胃カメラの費用は健康保険と自費診療で異なる

胃カメラ(胃部内視鏡検査)の費用は検査方法、使用する麻酔の種類、医療施設で異なります。自己診療の場合の費用相場はおおよそ1万円〜2万円程度です。バリウム検査の費用相場(10割負担で1万円前後)に比べると、少し高額に設定されている場合が多いです。

【胃カメラ(胃内視鏡検査)の費用目安*1*8

受診方法麻酔(鎮静剤・鎮痛剤)あり麻酔(鎮静剤・鎮痛剤)なし
自己診療(10割負担)1万5000円〜2万円1万円〜1万2000円
保険診療(3割負担)5000円〜7000円4500円前後
自治体による検診無料〜3000円

自治体が実施している胃がん検診の胃カメラでは、基本的に鎮静剤を使用することはできません。ただし、一部の自治体では追加費用を支払うと鎮静剤・鎮痛剤を使用できる場合もあるので、お住まいの自治体の検診内容をご確認ください。また、経鼻(鼻からチューブを挿入する方法)の場合は、医療施設によって500〜1000円前後の追加料金が発生する場合があります。

ここで、胃カメラが自費診療になるケースと保険診療になるケースの違いについてお話しします。

自費診療のケース

胃がんを疑う症状はないけれど、胃カメラ(胃内視鏡検査)を行いたい場合は自費診療、すなわち保険適用外となります。具体的には人間ドックや健康診断などです。

検査費用を抑える方法として、まずは自治体や企業が実施している胃がん検診を利用するのがおすすめです。自治体の胃がん検診はバリウム検査が40歳以上を対象に1年に1回、さらに自治体によっては胃カメラが50歳以上を対象に2年に1回受けられるのが一般的です。自治体や企業によっては対象年齢や検診間隔などが異なります。

対象年齢に達していないけれど胃カメラで胃がんの検査をしたいという方は、人間ドックを活用しましょう。保険適用外にはなりますが、お住まいの市町村、加入している健康保険協会または健康保険組合、契約している医療保険などによっては補助金もしくは助成制度を設けている場合があります。ご自身が利用できる胃がん検診の費用補助もしくは助成制度がないかをまずは確認してみてください。

保険診療のケース

医師の診察を受けて「胃カメラ(胃内視鏡検査)をする必要がある」と判断された場合や、自治体のがん検診で「がんの疑いあり」「要精密検査」となった場合に実施する胃カメラは保険適用です。保険適用の場合には1〜3割の自己負担額となり、基本的にはどこの病院やクリニックで検査を受けても費用は変わりません(ただし、初診料や鎮静剤の有無などによって施設による金額差はあります)。

胃カメラは苦しい? ラクに受ける方法はある?

胃カメラ(胃内視鏡検査)は喉の奥に麻酔をしてからチューブを挿入しますが、嘔吐反射が強い方(歯磨きなど口にものを入れるとオエっとなりやすい方)は不快感が強くなってしまうことがあります。

しかし、現代は嘔吐反射が強い方でも工夫をすれば、胃カメラをラクに安心して受けることが可能です。胃カメラの苦しさは鎮静剤を使うかどうか、チューブを口から入れるか鼻から入れるか、検査当日の緊張具合などで大きく変わります。

胃カメラの検査の流れ・所要時間・注意事項について

胃カメラ(胃内視鏡検査)にかかる時間は施設によって異なり、経口・経鼻どちらを選択するか、鎮静剤を使用するかなどでも変化するため、あくまで目安として考えてください。

検査の流れと所要時間

胃カメラ(胃内視鏡検査)の検査は前日の夜から食事制限を行い、来院してから麻酔や鎮静剤をかけたあとに検査を行います。胃カメラ自体にかかる時間は10分程度ですが、トータルでかかる時間は来院してから病院を出るまで鎮静剤なしだと60分〜1時間半、鎮静剤ありだと1時間半〜2時間程度です。

【検査前日】自宅
夕食は軽めに済ませ、午後9時以降は飲食しない(水はOK)

【検査当日】自宅
飲食はしない(水はOK)、普段服用している薬は飲まない(検査当日に内服薬を飲んでも問題ないかどうかは事前に担当医や医療施設に確認しておく)

【検査当日】医療施設

  1. 来院したら受付を済ませ、更衣室で検査着に着替える
  2. 前処置室にて胃のなかの泡を消す液体(消泡剤)を飲み、検査時の苦しさを和らげるためのどの奥(経鼻の場合は鼻の奥)にゼリー状やスプレー状の麻酔を塗る:約15分
  3. 点滴で鎮静剤を落とす:約30分
  4. 麻酔が効いてきたら、検査用のマウスピースを口に装着する(経鼻の場合はなし)
  5. 検査開始。内視鏡を挿入:約10分
  6. 検査後、鎮静剤を使用した場合はリカバリールームで安静にする:30分〜1時間程度
  7. 結果説明(施設による):約10分
  8. 終了

胃カメラを受けるときの注意事項

【検査前日】

  • 前日の夜9時までに夕食を済ませる
  • 夕食では繊維質の多い食べ物や脂っこい食べ物を避ける
    例:レンコン、きのこ、わかめ、キウイフルーツ、パイナップル、脂の多い牛肉や豚肉、イワシ、サバなど
  • 夕食は腹8分目までにする(胃に食べかすが残ることがあるため)
  • 早めの就寝を心がける

【検査当日】

  • 検査前の飲食、たばこは禁止(水はOK)
  • 服用している薬は当日飲んでも問題ないかどうか、事前に担当医や医療機関に確認する
  • 血液をサラサラにする薬(ワーファリン、アスピリンなどの抗血栓薬)を服用していると検査が行えない場合がある(異常が見られた場合には検査中に組織を一部採取することもあるため)
  • 検査時は入れ歯、口紅、コルセット、時計、メガネは外す
  • 鎮静剤を使用する場合は、車・自転車・バイクで来院しないようにする

【検査後】

  • 激しい運動は避ける
  • 検査後1時間は飲食を避ける
  • 検査中にポリープや組織を採取した場合は、検査後2〜3日食事制限あり
  • 鎮静剤を使用した場合は、車・自転車・バイクなどの運転はできない
  • 検査中にポリープや組織を採取した場合は、熱いお風呂やアルコールも控える

胃カメラで異常が見つかった場合でもがんとは限らない

胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けて異常が見つかったからといって、胃がんとは限りません。まずは、異常が疑われる部分の組織を採取して、顕微鏡で良性か悪性かを調べる「生検」の結果が出て、はじめてがんの診断がつきます。万が一悪性(がん)と診断された場合は、CT検査や超音波検査を受けてがんの進み具合を確認し、がんのステージが確定してから治療が開始されていくことになります。

胃カメラの受診でおすすめの施設の選び方4つ

実際に胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けるなら、「痛くない」「信頼できる」医療施設はどのように選んだらよいのでしょうか? チェックすべき4つのポイントについてお話しします。

受けたい検査項目や検査内容があることを確認

まずは胃カメラを受けられる施設であることを確認してください。「胃がん検診」を行なっている医療施設が胃カメラの検査に対応しておらず、バリウム検査のみの実施ということもあります。「胃カメラ」もしくは「胃部内視鏡検査」を実施している医療施設を選びましょう。

その上で、自分に合う胃カメラが受けられる施設かどうかをチェックしてください。医療施設によって検査方法や検査内容に差が出るのは下記の4つの項目です。

  • 鎮静剤や鎮痛剤を使用できるか
  • 経鼻が実施可能か
  • 治療内視鏡(内視鏡で行う腫瘍の切除手術など)を実施しているか 
  • 炭酸ガス(二酸化炭素)送気装置が導入されているか

鎮静剤や鎮痛剤とはいわゆる麻酔のことで、意識をぼんやりさせたり痛みを和らげたりする効果があります。すべての医療施設で麻酔が使えるわけはなく、万が一呼吸が弱くなったり血圧が下がったりした場合に備えて酸素吸引器などの機器や人員がそろっている施設に限られます。

内視鏡チューブは観察用と治療用で種類が異なります。治療内視鏡を実施している施設であれば、検査中にポリープなどの病変が見つかったときに、その場で組織の良悪性を調べたり場合によってはそのまま治療(切除)できたりする場合もあります。

炭酸ガス送気装置は、検査時のお腹の張りを弱めて痛みを軽減してくれる新しい装置です。導入している医療施設は増えてきていますが、受けたい施設に炭酸ガス送気装置が導入されているかわからない場合は医療施設のWebサイトや電話で問い合わせてみるとよいでしょう。

日本消化器内視鏡学会専門医(とくに胃カメラの専門医)が在籍

消化器内視鏡学会専門医とは、日本消化器内視鏡学会が認定した医師のみが名乗ることができる資格です。学会が定めた研修と試験を通過した医師のみが取得しているため、知識や経験が豊富な内視鏡医を見極める基準のひとつになるといえます。

内視鏡を専門にしている医療施設かどうか

胃カメラや大腸カメラなどの内視鏡検査は一般的に「内科」を扱っている医療施設で実施されていることが多いですが、内視鏡検査の件数はそこまで多くありません。一方、内視鏡検査や治療のみを専門的に実施している医療施設であれば内視鏡検査の件数も多い傾向があります。専門設備が整っていたり、スタッフもスムーズに対応してくれたりするので、安心して検査を受けることができます。

大腸内視鏡検査とあわせて受けることができるかどうか

もしも大腸内視鏡検査(大腸カメラ)にも興味があるのであれば、胃カメラと同日に受ける方法もあります。大腸カメラを受ける場合は前日の朝から検査食のみを食事とし、下剤を服用する必要があります。胃カメラよりも食事制限が厳しいため、当日にいきなり大腸内視鏡検査を受けることはできませんが、検査のための食事制限を何度もしたくない方におすすめの方法です。

参考資料
*1. 厚生労働省「胃がん・乳がん検診に関する指針の改正について」
*2. 国立がん研究センターがん情報サービス「最新がん統計」
*3. 国立がん研究センターがん情報サービス「がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計 」(2010〜2011年)
*4. 厚生労働省「平成29年(2017)全国がん登録 罹患・率 報告」p19-20
*5. 国立がん研究センターがん情報サービス「胃がん検診について」
*6. Jun JK, Choi KS, Effectiveness of the Korean National Cancer Screening Program in Reducing Gastric Cancer Mortality, Gastroenterology. 2017; 152(6):1319-1328.e7
*7. Comprehensive registry of esophageal cancer in Japan (1998,1999) p15
*8. 厚生労働省「平成29年度 市区町村におけるがん検診の実施状況調査 集計結果」
福岡県すこやか健康事業団胃がん検診パンフレット

国内最大級の医療施設数! 最低価格保証がついて安心のマーソで人間ドックを予約

人間ドックを予約するなら、便利でお得なマーソがおすすめです。マーソは人間ドックの施設数が最多なので、自分にぴったりの施設を見つけることができます。予約もオンラインで24時間いつでもどこでも手軽に完了。オンラインが苦手な方、お急ぎの方は、電話での予約も可能です。さらに、マーソは最低価格保証がついているため、どこよりも費用を抑えて人間ドックを受診することができます。

人間ドックは、受診して結果を確認して終了、ではありません。受診する医療施設に左右されずに経年変化を追うことが重要です。

こちらの記事の監修医師
上昌広

1993年東京大学医学部卒。1999年同大学院修了。医学博士。 虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の臨床および研究に従事。2005年より東京大学医科学研究所探索医療ヒューマンネットワークシステム(現・先端医療社会コミュニケーションシステム)を主宰し医療ガバナンスを研究。 2016年より特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長。

山本 佳奈
     

1989年生まれ。滋賀県出身。医師。 2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員、東京大学大学院医学系研究科博士課程在学中、ロート製薬健康推進アドバイザー。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

がん検診
人間ドックのミカタ
タイトルとURLをコピーしました