脳ドックの費用は検査内容次第-少しでも安く受診したい方必見

こちらの記事の監修医師
上昌広

医師。1993年東京大学医学部卒。1999年同大学院修了。医学博士。2016年より特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長。

山本 佳奈
     

内科医。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員

脳ドックの費用 脳ドック

脳ドックは、脳に異常がないかを調べる専門ドックのひとつです。脳ドックには、基本のコースと精密なコースがあります。それぞれの検査内容の違いに触れながら、費用の目安と経済的負担の軽減に役立つ社会保険(健康保険)による助成金や補助金について解説します。

★こんな人に読んでほしい!
・なぜ脳ドックを受けたほうがよいか知りたい方
・脳ドックの検査内容と費用感を知りたい方
・脳ドックを少しでも安く受診する方法を知りたい方

★この記事のポイント
・脳ドックのおもな目的は、脳の血管に関する病気(脳血管疾患)を見つけること
・脳血管疾患は死亡や介護の原因になる。早期発見のためにも脳ドックは重要
・脳ドックは大きく2種類、脳血管疾患のみを調べる基本のコース、脳血管疾患とそのリスク要因、その他の脳の病気、認知症リスクを調べる精密なコースがある
・基本の脳ドックの費用目安は1万5000円~2万5000円程度、精密な脳ドックの費用目安は2万5000円~5万円程度
・安く手軽に済ませたい方は基本の脳ドック、時間や費用がかかってもしっかり調べたい方は精密な脳ドックがおすすめ
・加入している社会保険(健康保険)によっては助成金制度を利用できる

脳ドックとは?

脳ドックの目的

人間ドックには、人間ドック学会などの複数の団体が推奨する一般的な項目を調べる「基本ドック」と、特定の部位を重点的に調べる「専門ドック」があります。基本ドック、専門ドックともに病気の早期発見を目的とした検査ではありますが、専門ドックを受けることで基本ドックでは対応できない病気を発見できることがあります。

脳ドックは、頭部MRI/MRA、頸動脈エコーなどの複数の検査を組み合わせて行うことで、脳の病気や異変、リスク要因を見つけ出すことを目的とした専門ドックです。発見できる病気としては、脳血管疾患、脳腫瘍、認知症などが挙げられます。

脳血管疾患とは「脳の血管に関する病気」のことであり、代表的なものは脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血、脳梗塞など)です。脳卒中は、治療の遅れが生命や後遺症に大きく影響するため、病気の兆候やリスク要因の早期発見がとても重要になってきます。

スタンダードな脳ドックでは、脳血管疾患の発見に絞り込んだ検査(一般的には頭部MRI/MRAと頸動脈エコー)が行われます。精密な脳ドックでは、スタンダードな検査に加えて、脳血管疾患のリスク要因となる高血圧や動脈硬化、不整脈などを調べたり、認知症リスクや認知症の兆候が出ていないかなどを調べたりすることも可能です。ただし、検査内容は実施する医療施設によって若干異なります。

脳ドックを受診することの重要性

脳血管疾患は早期発見が重要であり、脳血管疾患を始めとする脳の病気は、ある日突然発症することが多いです。発症すれば生命に危機が及び、麻痺や言語障害などの後遺症のリスクも高くなります。また、発症前の違和感や不調といった自覚症状に乏しいため受診が遅れやすいです。このような状態に陥ることを未然に防ぐためには、頭部の自覚のない兆候やリスク要因をできるだけ早く発見し、すみやかに治療や予防対策を開始することが大切です。

令和元年(2019年)に厚生労働省が発表した「人口動態統計」によると、脳血管疾患(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞、その他の脳血管疾患)は、日本人の死因第4位となっています。また、同年の「国民生活基礎調査の概況」では、脳血管疾患は介護が必要になった原因の第2位になっています。この結果から考えると、脳血管疾患は日本人にとって、命を脅かし介護リスクを上昇させる病気といえます。なお、介護が必要になった原因の1位は認知症です。認知症は、まだ認知症に至っていない「軽度認知障害(MCI)」のうちに治療を開始することで、進行をある程度遅らせることができる可能性があります。脳血管疾患が引き起こす認知症もありますので、認知症の早期発見と予防の意味でも脳ドックは重要といえるでしょう。

脳ドックの重要性は、助成や補助の制度からもうかがえます。社会保険事業者によっては、人間ドック受診費用の助成や補助を行っていることがありますが、なかには脳ドックや心臓ドックの助成や補助も行っている事業者があります。自治体によっては国民健康保険加入者に対し、一定条件のもとに脳ドックの受診費用の一部を助成しているところもあります。このように、脳疾患の死亡リスクや要介護となるリスクは社会的に無視できないものになっています。

脳ドックの検査の種類と費用

基本的な脳ドックと費用目安

基本的な脳ドックは、脳血管疾患に特化した検査一般的には頭部MRI/MRA検査と頸動脈エコー検査が行われます。受診費用は医療施設によって異なりますが、1万5000円~2万5000円程度が目安です。検査時間は、頭部MRI/MRAで20~40分、頸動脈エコーで15~30分程度が目安です。受付や着替え、待ち時間なども考慮すると、検査全体を通して1~2時間くらい見ておくことをおすすめします。

頭部MRI検査は脳の断面を撮影して脳腫瘍や脳梗塞、脳出血の有無を調べる検査で、頭部MRAは脳の血管の状態(脳動脈瘤や脳血管狭窄、奇形など)を調べる検査です。頸動脈エコーは、脳に血液を供給する「頸動脈」の状態を視覚化して動脈硬化の状態を調べる検査です。動脈硬化が進行していると脳血管疾患や虚血性心疾患のリスクが懸念されます。

以下に心当たりがある方で、少しでも費用を抑えたいという方は、脳血管疾患に特化した基本のコースがおすすめです。

  • 脳血管疾患の自覚症状はないが、脳血管疾患のリスク要因である高血圧や血糖値の異常、肥満、コレステロール値の異常がある方
  • 塩分の濃い食事、喫煙、飲酒など、生活習慣病のリスクを高める習慣がある方
  • 脳卒中の家族歴(脳卒中の既往歴がある身内がいるかどうか)がある方

また、「なんとなく心配だから最低限の検査でいいので一度チェックしておきたい」という方にも向いています。

ただし、脳血管疾患の前兆である、手足がしびれる、舌がうまくまわらない、慢性的にめまいや頭痛がするなどの自覚があるときは、脳ドックではなく専門の医療施設を受診してください。

精密な脳ドックの検査メニューと費用目安

精密な脳ドックでは、基本の脳ドックで行われる頭部MRI/MRAと頸動脈エコーに加えて、おもに以下の検査から複数の検査を組み合わせて行われます。費用は2万5000円~5万円程度、検査時間は2~4時間程度とさまざまです。組み合わせる種類や数は医療施設やプランによって異なり、それにともない費用やトータル検査時間にも幅があります。

頭部CT

頭部CTは、X線を使った画像診断検査です。磁気共鳴を利用した頭部MRI/MRAと違い被曝リスクがあります。脳ドック学会が実施項目として推奨している検査は頭部MRI/MRAですが、頭部CTには検査の所要時間が短いというメリットがあり、出血を伴う脳血管疾患や脳の萎縮を確かめることができため行われる場合があります。また、過去の治療歴や閉所恐怖症などで頭部MRI/MRAが受けられない方は、頭部CTが選択される場合があります。検査自体の所要時間は5~10分程度です。

血液・生化学的検査

血液を採取し、貧血、肝臓の異常、腎臓の異常、高脂血症、糖尿病などの有無やリスクを調べることで、脳血管疾患のリスクを確認します。混雑状況にもよりますが、所要時間は15分程度です。

尿検査

尿蛋白、尿糖、尿沈渣、尿潜血、尿比重などを検査して、糖尿病の可能性がないか、腎臓を含めた尿路に異常がないか、甲状腺機能などに異常が起こっていないか調べます。糖尿病は脳血管疾患のリスク要因であり、腎機能の低下には高血圧や動脈硬化などが背景に隠れている可能性があります。所要時間の目安は、15~30分程度です。

心電図検査

身体の表面に検査器具を装着し、心臓の筋肉に流れる電流を記録する検査です。不整脈(心房細動)、狭心症、心筋梗塞などの脳血管疾患のリスク要因となる病気がないかを調べます。所要時間は5分程度です。

ABI(血圧脈波)検査

ABI(血圧脈波)検査とは、血管のつまり具合や硬さを調べる検査です。血管のつまり具合のことをABI、硬さをPMVとあらわします。動脈硬化の進行度合いを調べることで、脳血管疾患のリスクを確認します。所要時間は5~10分程度です。

VSRAD®(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)

「VSRAD®(ブイエスラド®)」は、MRIで撮影した頭部の画像を健常な状態の脳画像と照らし合わせ、脳の萎縮の程度を調べる検査です。早期のアルツハイマー認知症では記憶に関わる海馬傍回付近に萎縮が見られることから、撮影したMRI画像を健常者と比べて解析することで、アルツハイマー型認知症の早期発見を目指します。所要時間は30分程度です。

簡易認知機能検査

軽度認知障害の発見を目的に、短時間での単語の暗記や選択問題など「記憶力に関する対話式の検査」を行います。一般的には、「長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」が行われますが、「あたまの健康チェック®」を行うこともあります。簡易認知機能検査の目的は、軽度認知障害を所要時間は約10~15分程度です。

検査項目からもわかるとおり、精密な脳ドックは現在の脳の状態だけでなく、身体全体の健康状態を調べることにつながります。脳血管疾患のリスク要因を細かく調べられることは精密な脳ドックの大きなメリットです。また、脳自体に関してもより詳細な検査ができるため、脳血管疾患以外の異常があったときも早期発見できる可能性が高くなります。

専門の医療施設に行くほどではないけど頭痛なめまいなど「気になる症状」がある方、とくに自覚症状はないがこの機会にしっかりと脳の状態やリスク要因をチェックしておきたい方は、精密な脳ドックを受けることをおすすめします。

また、認知症の検査に対応している医療施設では認知症の兆候やリスクについても調べられます。もの忘れには「加齢による問題のないもの」と「認知症など何らかの病気が原因のもの」があります。認知症が気になる方は、精密な脳ドックの受診を検討してみてください。

ただし、もの忘れをしているという自覚がない場合、もの忘れや判断力の低下で日常生活に支障が出ている場合、体験したこと自体を忘れてしまう場合は、脳ドックではなく早めに専門の医療施設を受診してください。

脳ドックを少しでも安く受診したい! 助成金や補助金を調べよう

脳ドックの費用は、検査項目の数や日帰りか宿泊かなどよって変わります。「少しでも安く受診したい」と考えたときは、「検査項目が少ない」などを条件に検索するなどして、できるだけ安い医療施設を探すという手段もありますが、受診しやすい場所を選びたい、できるだけ詳しく検査したい場合はこの手段は使えません。また、脳ドックは、さまざまな条件を考慮して「自分が納得できる医療施設」を選ぶべきであり、安易に安さだけで選ぶことはおすすめできません。

そこで注目してほしいのが、「1-2.脳ドックを受診することの重要性」でもふれた国民健康保険加入者を対象にした助成・補助制度や社会保険加入者を対象にした助成・補助制度です。日本は国民皆保険制度のため、原則的にはすべての国民が何らかの健康保険に加入しています。加入している健康保険で脳ドックの助成を受けることができれば、金銭的な負担を軽くすることができます

国民健康保険加入者対象の助成制度

「国民健康保険」とは、個人事業主、自営業者、年金受給者、無職の人などが加入する保険です。ただし、すべての自治体が人間ドックに対する助成を行っているわけではありません。たとえば、2020年12月現在、東京23区内では千代田区、台東区、品川区、大田区、荒川区が助成を行っています。また、助成・補助制度には利用条件があり、条件内容は自治体によって異なります。以下、複数の自治体をみてみましょう。

東京都荒川区

助成対象者:40歳以上の国民保険もしくは後期高齢者医療制度の被保険者で保険料の未納がない人

内容:脳ドックの費用の2分の1を助成(上限2万円)

<注意点・補足>

  • 脳ドックを受診してから1年経過した場合は対象外
  • 自覚症状があって医療施設で受診した場合など、保険診療内での検査は対象外
  • 2年連続の助成は不可

荒川区「脳ドック受診キャンペーン」

埼玉県ふじみ野市

補助金対象者:国民健康保険加入者の30歳~74歳(該当年度)で保険料の未納がない人

内容:消費税を含まない脳ドック検査料から5000円を控除した額を補助(上限2万5000円)

<注意点・補足>

  • 国内であれば、ふじみ野市外の医療施設でも申請可能
  • 受診日現在も国民健康保険に加入している必要がある
  • 補助を受けられるのは1年度1回まで(人間ドックまたは脳ドックのいずれか1回)
  • 受診日の2週間前までに保険・年金課に申請が必要

ふじみ野市「人間ドック・脳ドックの検査料補助(国民健康保険)」

大阪府高槻市

助成対象者:国民健康保険加入者の30歳~74歳(助成申請時)で保険料の未納がない人

内容:消費税を含めた検査費用の8割までを助成(上限3万)

<注意点・補足>

  • 脳ドック、肺ドック、人間ドックをそれぞれ15日以上経過してから受診すれば、それぞれが助成対象となる
  • 同時に組み合わせて受診した場合は、合計の費用が助成の対象となる
  • 同年度内に特定健診を受診した人は対象外(脳ドックやその他のドックの助成後に特定健診を受診することも不可)

高槻市「人間ドック等の助成制度」

社会保険加入者対象の助成制度

社会保険とは、企業や団体に勤めている社員や公務員などが加入する保険制度です。健康診断(健診)に関しては、法律で定められた検査項目を企業側(雇用主側)が費用を負担して受けさせる義務がありますが、脳ドックも含めた人間ドックに関しては、法的な規制はとくにありません。

しかし、「1-2.脳ドックを受診することの重要性」で説明したように、社会保険加入者の脳ドック受信料の助成・補助をしている健康保険組合・協会もあります。対象の条件(本人以外の家族も対象になることがある)や助成・補助の上限など、条件に関しては健康保険組合・協会によって違いますので、まずは加入している健康保険組合・協会に確認しましょう。自身が所属している健康保険組合・協会とその連絡先は健康保険証で確認できます。

生命保険に加入している場合

民間の生命保険に加入している方は、生命保険会社が提携している医療施設の人間ドック受診で割引を受けられることがあります。対象のコースや割引内容などはそれぞれ違いますので、加入している生命保険会社に、脳ドックの割引サービスを実施しているか相談してみましょう。

参考資料
日本人間ドック学会「2020年度 一日ドック基本検査項目表」
厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況」
厚生労働省「令和元年(2019)国民生活基礎調査の概況」
厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」(認知症)

国内最大級の医療施設数! 最低価格保証がついて安心のマーソで人間ドックを予約

人間ドックを予約するなら、便利でお得なマーソがおすすめです。マーソは人間ドックの施設数が最多なので、自分にぴったりの施設を見つけることができます。予約もオンラインで24時間いつでもどこでも手軽に完了。オンラインが苦手な方、お急ぎの方は、電話での予約も可能です。さらに、マーソは最低価格保証がついているため、どこよりも費用を抑えて人間ドックを受診することができます。

人間ドックは、受診して結果を確認して終了、ではありません。受診する医療施設に左右されずに経年変化を追うことが重要です。

こちらの記事の監修医師
上昌広

1993年東京大学医学部卒。1999年同大学院修了。医学博士。 虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の臨床および研究に従事。2005年より東京大学医科学研究所探索医療ヒューマンネットワークシステム(現・先端医療社会コミュニケーションシステム)を主宰し医療ガバナンスを研究。 2016年より特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長。

山本 佳奈
     

1989年生まれ。滋賀県出身。医師。 2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員、東京大学大学院医学系研究科博士課程在学中、ロート製薬健康推進アドバイザー。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

脳ドック
人間ドックのミカタ
タイトルとURLをコピーしました