人間ドックのマーソ

Tポイント最大5%貯まる!使える!

メニューを閉じる

人間ドック受診医療施設・プランを探す

生活習慣病予防健診と人間ドックの違いとは?


生活習慣病予防健診と人間ドックはよく間違われがちですが、検査内容などに若干違いがあります。一般的に、生活習慣病予防健診は会社で年に一度、全員が受信することを義務付けられています。そのため、利用者が個人負担する金額はほとんどありませんが、基本健診+胃がん検診+大腸がん検診などの検査が一般的で、それほど複雑な検査や専門的なものはありません。
一方、人間ドックは生活習慣病予防健診と比べると、自己負担で受けるために金額がかなりかかり、2~4万円程度が相場となっています。しかし、生活習慣病予防健診で行われる検査に加えて、超音波検査、PET検査、他項目の血液検査などの豊富なオプションがそろっていますので、一般的な健康診断では行われないような項目も調べることができます。年を取ったら見つかりにくい病気が潜んでいる可能性も高くなりますので、会社などで義務付けられている検査に加えて、時には人間ドックを利用することも検討しておいたほうがよいでしょう。
なお、自治体で行われている無料の健康診断でも、項目は多岐にわたっています。一般の健康診断に加え、乳がんや子宮がんなどの検査も行われていますし、助成がありますので費用はかなり安くなっています。人間ドックでは、これらの検査で調べられなかった検査を利用するなどして、賢く使うと、きちんと健康管理をしながら費用を安く抑えることもできます。
会社で行われている生活習慣病予防健診の場合、休みはきちんと取得することができますし、費用も会社が負担してくれるので心配いりません。しかし、人間ドックの場合には全額自己負担になりますし、休みも有給を取得してから受診しなければなりませんので、あらかじめ混雑している日を避けたり、仕事に負担がかからないように調整したうえで受けてみることをお勧めします。また、設備によっては選べないオプションもありますし、金額も異なりますので注意しましょう。


医療施設を探そう

人間ドックが受診できる医療施設を探しましょう。予約数が多い施設から探す「予約数順から探す」、
エリアから探す「都道府県で医療施設を探す」「プランを詳細検索する」の3つの切り口から探すことが出来ます。

人間ドックの医療施設を都道府県から探す
マーソは厚生労働省、がん対策推進 企業アクションに参画しています。がん検診受診の大切さを呼びかけることにより、受診率50%以上をめざします。
中文电话对应窗口
PCサイトを表示
スマートフォンサイトを表示
マーソコンシェルジュ
予約専用ダイヤルはこちら
予約カレンダー